山口、川柳デビュー

先日のそれに比べれば顔にピントが合ってはいるものの端っこかつブレブレで、もう少しゆっくりと噛みしめながら走ってくれるとありがたいです。
そんな山口の一発で勝てて助かりました、相手もそれなりにチャンスを潰して走塁ミスをやらかしたりして、しかしこちらも得点の後のチャンスをこれでもかと潰しまくってせっかく前回にやられた加藤にお返しをできるかと思っていたのにあと一押しが足らず、これで負けはもちろんですが引き分けであっても悔やまれたでしょうから山口様々、プロ初アーチと同じくライトスタンドを興奮のるつぼと化す見事な勝ち越しアーチでした。
冷静に考えれば身長にも満たない打率ですし井上でもこれぐらいの貢献はしてくれるのではないかと思ったりもしますが、あれだけマン振りをしながらも右方向に打てますし今日も2四球を選んで出塁率は3割5分を超えて、そのうちに井上も上がってくるでしょうがガチンコでぶつけるに充分な頑張りです。

ちなみに今日の始球式はぺこぱでロッテファンを公言する松陰寺太勇のリプレー検証要求という仕込みに付き合ったのが山口で、それもあってか念願の地元での川柳デビューは「時の人 ぺこぱに力 もらったよ」とかけたものですから、ちょっと長過ぎでしたが結果的にいいイベントではありました。
ちなみにマウンドから降りてきたときに握手をするものと思って右手をユニフォームで拭いた山口を見逃した松陰寺、きっと舞い上がっていたのでしょう。

チャンスだ岡

お立ち台はそんな山口でしたが、岡もそれに匹敵するぐらいの活躍でした。
五回は同点のきっかけとなる前の試合と同じような渋い内野安打で出塁し、そして山口のホームランから連続三振で1点リードで逃げ切れるかと不安になったところでの痛烈なレフト前ヒットがダメ押しの3点を引き出したも同然ですので、死球と合わせての3出塁が古巣を追い詰めたことになります。
守りでも暴走気味ではありましたが近藤をホームで刺して、あそこで失点をしていたら試合が壊れかねなかっただけにビッグプレーでした。
昨季は開幕前の好調を維持するほどに出番をもらえず失速をしましたが今季はきっちりと数字を残して、スーパーサブ的な役割の方が活きるのではないかと思わないでもないですが岡にとってはレギュラー奪取の絶好のチャンス到来、明日は右腕ですがスタメンでそれを後押しするベンチであってもらいたいです。
そのベンチはまたしても中途半端な作戦とは六回で早々にレアードに代走を出しながらも田村はそのままで、それだけ捕手としての田村に重きを置いているのでしょうがいかがなものかと、それを告げられたときのレアードの素振りも後を引かないかと気になっています。

石川はボロボロ

これほどにコントロールに苦しむ石川は久しぶりのような、6回4失点と本人も反省しきりです。
立ち上がりから簡単に追い込んだかと思えばそこから攻めきれず、あるいはボールが先行したときにはカウントを整えるために甘く入ってしまう、むしろ歩かせた方がよかったかもしれないぐらいに置きにいったようなボールを芯に捉えられまくっていました。
五回で代えても妥当なぐらいの出来の悪さで、90球からの続投は石川の意地だったのか吉井コーチからのお仕置きだったのか、次はきっちりお願いします。

入れ替えは無し

昨日に無かったのでそのままだろうとは思っていましたが、今日も一二軍の入れ替えはありませんでした。
二軍は佐々木朗が被弾をするも平沢のグランドスラムなどで打ち勝ってイースタン・リーグの記録に王手をかける14連勝ですので、そのいいムードを変えたくないがために保留をしているのではないかとうがったりもして、高部は.408で加藤も.352、分母は小さくもエチェバリアは.556です。
二軍は仙台遠征中ですから帰ってきてからなのか、それとも今週はそのままなのか、藤原への猶予期間がいつまでなのかも気になります。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本ハム 2 0 1 0 1 0 0 0 0 4 10 0
千葉ロッテ 1 0 1 0 2 0 0 4 X 8 11 0

◆4月20日(火) 千葉ロッテ−日本ハム4回戦(ロッテ3勝1分、17時45分、ZOZOマリン、9,082人)
▽勝 唐川 11試合1勝
▽敗 宮西 7試合1勝2敗
▽本塁打 近藤2号(石川)、西川1号(石川)、山口3号(宮西)

▽バッテリー
千葉ロッテ 石川、ハーマン、唐川、河村—田村
日本ハム 加藤、井口、堀、宮西、玉井—清水

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村