八番岡でマジック8

打たれた森も呆然としたでしょうが、先に勝ちを決めて中継を観ていたであろう中嶋監督も言葉を失ったことでしょう。
打った瞬間に大きな歓声が上がって二死で和田なのでスタンドインしなくてもサヨナラだ!から打球が落ちてくるところで一瞬の静寂が、まさか捕られるのか、届かないのか、と息を飲みましたが手を回す審判を見て狂喜乱舞、心臓麻痺を起こした人がいないことを願っています。
大海が大海の白星を消したのも、あと1球から追いついたのも、そして今日の劇的なサヨナラアーチもいずれも最後の打者になる寸前からの起死回生の一発で、二度あることは三度ある、いずれもツーランというのも巡り合わせなのか、八番岡がマジック8を引き寄せました。
正直なところとても勝てるような試合運びではなかったので引き分けで御の字か、引き分けでもマジックは減るのかな、益田の引き分け記録はいくつになったんだろう、オリックスは負けないな、日本ハムはオリックスに負けてロッテに頑張るとかないだろうな、なんてことを考えていた自分を反省です。
ここにきて秋のキーマンに急浮上の岡は守備でもアピールでレギュラー獲りの、ポカヒロミを返上するに絶好のチャンスを逃さないよう走り続けるのみです。

よくぞ耐えた

出来はよくありませんでしたが、しかし岩下がよく耐えてくれました。
柳田へのどこがボールだよ、と厳しいジャッジもありましたがそうでなくてもボール先行で初回に簡単に二死を取ったかと思えば3連続四球で満塁のピンチを招き、二回もエチェバリアのエラーが絡んでいつ失点してもおかしくない展開で、最後の一本を許さない粘りのピッチングです。
先発としては五回までしか投げられなかったのはもちろん反省材料ですが、ガタガタ崩れそうなところでほとばしる気合いを見せてくれました。
唐川、国吉、佐々木千、益田の鉄板リレーも万全ではなくもいずれも鉄面皮の下に隠された、何が何でも抑えるとの強い意志がもたらした勝利でしょう。

締まっていこう

一方で打線はバッティングのコツを大阪に置き忘れてしまったようで、僅かに3安打でうち2本がホームランですからくるくるは荻野のみでした。
ソフトバンクも同じく3安打で両チームともヒットより四球が多いとは珍しい、投手戦か貧打線か、どちらかと言えば後者でしょう。
そんな試合はエラーをした方が負けがお約束ですが今日は加藤が2つ、エチェバリアと藤岡が1つずつ、加藤はまさかあるとは思わなかった2号を叩き込んで取り返しはしましたが記録はワイルドピッチでも厳しくはあれど実質はパスボールで、これでは落ちるボールを投げるに躊躇させてしまいます。
エチェバリアもなぜに三遊間の深いところを処理できるのに正面の打球には足が揃ってしまうのか、誰か反復横跳びを教えてあげてください。
八回に甲斐がこぼしたのを見てセカンドを狙った小川も転がった方向を見れば無謀でした、こうったミスは減らしていかないといけません。
それにしてもここのところ打たれていることは知っていましたが、久しぶりに見た森はコントロールがばらけるのはいつものことですがストレートが全く走っておらず他人事ながらも大丈夫かよと、もうオリックスとの対戦は終わっていますのでそちらに利することがないのが助かります。

心地よい出費を

機関紙とニッカンだけではなく巨人とヤクルトを差し置いて報知とサンスポまでもが一面なのは朗希効果でしょう、今朝は朗希で一面をジャックしました。
ちょっと迷いましたが4紙ともにお買い上げ、こういった心地よい出費であればウエルカムです。
この劇的な勝利で明日も機関紙とニッカンは一面としてくれるのではないかと、ここからリーグ優勝、CS、日本シリーズに向けてどんどんとコレクションを増やしていきたい、増やして欲しい、もちろん胴上げの一面は読む用、飾る用、保存用の3部を買うとは言うまでもありません。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
ソフトバンク 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 3 1
千葉ロッテ 0 0 0 0 1 0 0 0 2X 3 3 2

◆10月15日(金) 千葉ロッテ−ソフトバンク22回戦(ロッテ10勝9敗3分、17時45分、ZOZOマリン、9,849人)
▽勝 益田 64試合2勝6敗36S
▽敗 森 29試合1勝3敗15S
▽本塁打 加藤2号(笠谷)、岡6号(森)

▽バッテリー
千葉ロッテ 岩下、唐川、国吉、佐々木千、益田—加藤
ソフトバンク 笠谷、板東、古谷、甲斐野、森—甲斐

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村