二木がぶち壊す

二回途中でKOされた二木がベンチから小野を見守っていましたが、どこか目も虚ろに見えます。
そして同じような虚ろな目でグラウンドを見ていたロッテファンも多かったことでしょう、いや、怒りの目で、かもしれません。
苦手の石川からあっさりと2点の壁を破ってくれたのに、オリックスが山本で勝てなかったのに、この絶好のチャンスを潰した二木に残る公式戦はもちろんのことポストシーズンでの出番も失ったかもしれず、それぐらいに背信だった二木に鷹キラーだったころの面影はありません。
せっかくのリードに次の回の先頭打者に四球は無いでしょう、肩か肘に何かが生じているのではと不安になるぐらいのコントロールのばらけは二木らしからぬ、とはボール先行になっても歩かせないのが身上のはず、それがあっさりと、あるいはストライクを欲しがって置きにいけば結果は明白でした。

鈴木に踏ん張って欲しかった

二番手以降も無傷だったのは小野だけで、鈴木もハーマンも東妻も田中も、見ているのが辛くなるぐらいに打たれ続けます。
もうこうなってしまえば負の連鎖は止められないのでしょう、鈴木が簡単に二死を取りながらも一発を食らってそれで終わらずに四球の走者を返されたところで試合は終わったも同然、ハーマンがトドメを刺されて田中のそれは大敗の再確認として塩をすり込まれたかのようでした。
小野のイニング跨ぎではなく三回から鈴木のロングに期待をしていただけに、被弾はまだしも次の四球が残念すぎます。
こうなってしまうと僅差のビハインドを支える中継ぎの弱さを露呈して、しかしほぼ見慣れた顔ぶれでやってきただけに今さら変えることもできません。

心が折れたのかも

とにかく点の取られ方が悪すぎて、初回に3点を取ればすぐに5点を失い、三回に1点差に追い上げればすぐに2点を失い、取った以上に取られれば当然に差は広がるわけで、レアードらしいひと伸びや山口の弾丸ライナーは夢だったのかと思うぐらいに、心が折れたかのような五回以降はノーヒットでした。
それでも諦めない井口野球はまるで打たれたのは田村のせいとばかりにそこに代打を出したのみで最後まで、こういう試合で控えの選手にプレーをさせないから試合勘が鈍って前日の小川だったり今日の佐藤都だったり、前しか見えていないように思えるミスをしてしまうのでしょう。
西村ロッテの「和」はチーム一丸で勝利に向かっていくことを、伊東ロッテの「翔破」はガス欠をすることなく戦い抜くことを、それぞれ目指していたのですからチームとしての弱点は分かっていながら課題はそのままに井口ロッテの「1点を取りにいく」がどうなるか、残りは8試合です。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
ソフトバンク 0 5 0 2 0 1 1 0 1 10 15 0
千葉ロッテ 3 0 1 0 0 0 0 0 0 4 7 0

◆10月16日(土) 千葉ロッテ−ソフトバンク23回戦(10勝10敗3分、14時、ZOZOマリン、14,842人)
▽勝 杉山 15試合2勝2敗
▽敗 二木 22試合5勝7敗
▽本塁打 レアード27号(石川)、山口9号(石川)、柳田28号(二木)、中村奨9号(石川)、栗原19号(鈴木)、デスパイネ8号(ハーマン)

▽バッテリー
千葉ロッテ 二木、小野、鈴木、ハーマン、東妻、田中—田村、佐藤都
ソフトバンク 石川、杉山—甲斐

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村