陳冠宇が退団

陳偉殷ではなく陳冠宇の退団が発表されました。
家庭の事情により台湾への帰国を希望したとのことで、ロッテとしては契約をするつもりだったでしょうからかなりな痛手です。
松永にはまだ声がかかっていないようですがもし移籍となれば、あるいは残留でも肘の状態がどうなるかは分からないので左の中継ぎとして貴重な存在になるはずだった陳冠宇がいなくなるのは陳偉殷のそれよりも痛いとは自分的な感覚で、チェンチェン、と人気も高いですし悲しむファンも多いでしょう。
これで外国人投手で来季も確実なのはフローレスだけというお寒い状況に球団がどう動くのか、一難去ってまた一難、吉井コーチの胃の状態が心配です。

信頼されていないからか

とは言いながらも今季の起用からすれば吉井コーチはさほどに陳冠宇を信頼していなかったような、そんな気もしています。
外国人選手の一軍枠の縛りがあったにせよ昨季に44試合も投げて今季も防御率は3点台前半ながらもさほどに出番をもらえずに19試合でしかなかったことが陳冠宇の背中を押したような、もしフル回転で充実をしていれば別の選択肢もあったのではないかと思わないでもありません。
ロッテに拾ってもらったと言葉は古いですが忠誠心もあった陳冠宇はしかし待遇は外国人選手のそれではなく扱いが軽かったですし、他に書きようが無いにしても公式サイトでのニュースもただの一行とは寂しい、本人のコメントすら取れないぐらいに急だったのか、いろいろともやもやしています。
もちろん本人は後ろ髪を引かれる思いで、悩みに悩み抜いた上での止むに止まれぬ決断なのでしょうが、とにかく残念至極の一言に尽きます。
今後はCPBLで投げることになるのか、もしまた事情が許せばロッテに戻ってきて欲しいですし、FA権を取得して日本人扱いで末永くロッテの一員であって欲しかった陳冠宇ですからどこでプレーをするにも応援をしますし、それがどこであってもまた元気な姿を見せてください。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村