勝って後半戦に

最後の最後、本当に最後にひっくり返しての一ヶ月ちょっとぶりの地元勝利は無観客がもったいないぐらいで、後半戦に向けての勢いとしたいです。
その後半戦の開幕カードは二木、佐々木朗、美馬との報道があり、今日に投げた岩下、そして小島は次のカードとのこと、岩下は西武に3戦3勝の相性の良さとは井口監督ですがオリックスにも2戦2勝で防御率は対西武よりよいですし、小島もそう、何より両投手は規定投球回までもう少しなので回数を投げられるよう開幕カードに起用するのだと思い込んでいて、優勝を狙うのであれば首位を直接叩くのが第一なことからも右左のエースを外したのは意外でした。
二木、美馬は逆に対オリックスより対西武の防御率の方がよいので、報道どおりのローテーションとなればこの4人についてはこと防御率だけで見れば悪い相手に投げることになり、その賭けが吉凶どちらに出るか、裏目に出ないことを願うばかり、としか言いようがありません。

田中ショック

そんな岩下は5回7安打2失点と可もなく不可もなしと言ったところか、やや打たれすぎではありましたがピッチングとしてはさほど悪くはありませんでした。
ストレートは高めでもあまり心配がいらないぐらいの球威があり、スライダーが浮き気味だったのは怖かったですが逆にフォークは投げミスが無く低めに決まっていましたのでらしさを出せたのではないかと、もう少し空振りが欲しかったですが順調だと思います。
小野も東妻に負けじと三者凡退に切ってとり、田中の失点は今日の一番のショックでハーマンが間に合わなければ七回を任せたいのですがこれでダメになってしまったかも、佐々木千は甘いボールも少なくなかったですが淡々と平常モードで、益田もいつもの益田でした。
そして森にエキシビションマッチでの出番が無かったのが残念至極、まさか育成枠のままということは無いと思いますが、ちょっとビビっています。

ライトはどうする

マーティンの穴をどうするかは、感心はしませんが今日もライトの山口の一軍を井口監督が明言しましたので、DHと絡めて角中、和田と競わせるのでしょう。
打線の軸が一枚欠けるわけですから守備よりも打撃重視で角中、山口>和田になりそうな予感がありますが、サヨナラアーチをかっ飛ばしたレアード、何気に好調で五番でもよさそうなエチェバリア次第なのかもしれず、どうなったにしてもマーティンが戻ってきたときにどうしようかと悩ませてください。
捕手は加藤の存在感が徐々に大きくなってきて公式戦に入ってもそうなれば、万が一の第三捕手としての打の宗接にチャンスが巡ってきそうです。
ここにきて姿を消した鳥谷、高濱と小川の扱いも気になるところで、ようやくヒットが出始めた小川はしかし盗塁死ばかりがどう影響するか、微妙すぎます。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤクルト 1 0 0 0 1 0 1 0 0 3 10 0
千葉ロッテ 0 0 0 0 0 1 0 1 3X 5 6 0

◆8月10日(火) 千葉ロッテ−ヤクルト2回戦(1勝1敗、17時、ZOZOマリン、0人)
▽勝 益田 2試合1勝
▽敗 大下 2試合1敗
▽本塁打 エチェバリア1号(吉田喜)、レアード2号(大下)

▽バッテリー
千葉ロッテ 岩下、小野、田中、佐々木千、益田—田村、加藤
ヤクルト 石川、大西、坂本、今野、吉田喜、大下—中村、西田、嶋

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村