ファンの心球団知らず

世間では中田の周辺が騒がしいようですが、前日にマーティンが来日していたとさらっと発表されました。
後半戦の優勝争いに欠かせないマーティンの動向をどれだけファンが気にかけて心を痛めていたかを理解していれば、それが深夜の到着であっても公式Twitterなりに情報を出すぐらいのことはできたはずで、それどころか今日になってスポーツ紙が報じなければ知ることができなかったのが現実です。
そもそもなぜに再来日が遅れたかもこのまま闇の中なのでしょう、優勝をすれば秘話みたいな美談チックに聞こえてくるかもしれませんが、期待薄です。
そんなこんなで隔離期間が明けるのは25日となりますので27日からの出場となるのか、次の地元カードまでは調整か、これまでと同じく動きが読めません。

ハーマンが投げた

実は先月下旬に来日してました、のハーマンは今日に二軍戦に登板しました。
ごめんなさい、マーティンほどにその不在を心配していたわけではありませんが、遅くとも27日には日本にいたとなれば心配を返せと言ったところです。
1回を三者連続奪三振ですから後半戦の頭から一軍で投げることになりそうで、フローレスも1回2奪三振の三者凡退となれば枠は足りていますからこちらも一軍、となるかどうかは東妻、小野、国吉のうち何人が一軍となるかに左右されそうな、野手でも岡がさりげなく実戦復帰をして、きっと明日が公示です。

公示はどうなる

そんな公示は前半戦終了時点では以下の顔ぶれで、これがベースになるものと思われます。

【投手】佐々木千、佐々木朗、二木、東妻、小野、ハーマン、小島、岩下、田中、中村稔、益田、河村、土居
【捕手】田村、宗接、加藤
【内野手】藤岡、安田、中村奨、三木、レアード、エチェバリア、小川、高濱
【外野手】荻野、藤原、角中、福田秀、岡、和田、マーティン

投手は所沢で投げる先発は外すでしょうが代わりに中継ぎとはならずに空けておく、とは開幕のときもそうでした。
とは言え六番手を入れ替わり立ち替わりで結果的に中継ぎを多めに、日によってベンチ外にしている運用は変わらないでしょう。
そういった頭数を変えないとすると東妻、小野、ハーマン、土居、フローレス、国吉の6人から4人を選ぶことになりそうな、自分的にはハーマン、土居、フローレス、国吉ですが東妻、小野、ハーマン、国吉になりそうな、国吉は微妙ですが東妻と小野は外さないような気がします。

捕手はこのままが妥当なところで、加藤の存在感が増しつつあることで出番が減るであろう三番手に佐藤都を置くのは好ましくないため、キャリアパスとしては逆行で申し訳ないながらも万が一、もしくは二人目に代打代走を出したときのための宗接でいくことになると思います。

内野手は山口を入れて押し出されるのが小川なのか高濱なのか、盗塁死が続く小川ですがポジションが被る高濱が押し出されそうです。

外野手は福田秀は消息不明でマーティンが隔離期間と二つの穴が空きますので一人は高部、しかし二人目が出てきません。
本来であれば岡ももう少し試合に出してからと外したいのですが今日に起用したのは無理矢理にでも押し込むためではないかと、エキシビションマッチで代わりに菅野が多用されたわけでもありませんし、また二人目をライト山口として勘定する可能性もあるでしょう。
そうなると内野手で高濱が残る、ではなく「勝つためには必要」と満を持しての鳥谷になってしまうのか、いきなり後半戦の最大のポイントがやってきます。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村