ようこそ、ジュニア出身者!

今年のドラフト会議が終わりました。
目玉と言われるほどの選手がそれほどいなかったことで入札の事前公表は西武とソフトバンクのみで、各球団ともに腹の探り合いだったのでしょう、ロッテも含めて一本釣りに走ったチームが半数もあったのはスポーツ紙もしてやられたとビックリ仰天ではないかと思います。
そして例年に比べて高校生の評価が低く、ドラフトフリークやスポーツ紙とプロの差が出るのは毎度のことですが、やや顕著だったようにも感じられます。
4巡目の阪口(岐阜第一)、7巡目の花田(広島新庄)、高木(県岐阜商)、松浦(大阪桐蔭)などは獲ろうと思えば獲れたのでもったいなく残念でもありますが、支配下選手登録枠の兼ね合いもありますし、そこはロッテの編成部の眼力を信じるしかありません。
松浦などは7巡目で拒否をしないのかと思えば北海道出身ということもあってか喜びのコメントですので、高校生好きのドラフトフリークが喜びそうな達(天理)、有薗(千葉学芸)、阪口、畔柳(中京大中京)、松浦の日本ハムは万波や高濱を思い出すロマン枠として讃えられるのでしょう。
西武も4球団の抽選を勝ち取った隅田(西日本工大)、佐藤(筑波大)、古賀(中大)でしめしめではないかと、また外野手を多く戦力外にしたので当然のようにブライト(上武大)、鵜飼(駒大)、福元(大阪商大)と大学生を指名した中日が分かりやすく、巨人も菅野に衰えが見え始めたからか隅田を外しても翁田(関西国際大)、山田(JR東日本)、赤星(日大)と即戦力を上位に並べたのはそれはそれでありです。
そして例によってソフトバンクと巨人の育成枠乱獲は使い捨てになりそうで心配にもなり、ソフトバンクなどは四軍が必要になりそう、羨ましくはあります。
そんなこんなで現時点では補強ポイントに合致するかでしか評価できないわけで、本当の評価は3年後、5年後であることは言うまでもありません。

サプライズの松川

ロッテの指名は支配下で5人、育成枠で4人の合計9人です。
昨年と全く同数で支配下でもう1人か2人ぐらいは欲しかったですが、4~5人と報じられていましたのでまずまずではないかと思います。
入札は佐藤、外れれば山下(法大)の即戦力左腕にこだわるのではないかと思っていましたが、松川(市和歌山)には驚かされました。
スポーツ紙の予想は全てがOBの三家スカウトがびっちりとマークしていた小園(市和歌山)でしたし、前日に井口監督の「いずれにしろ抽選だと思うので。頑張って手を洗って行きます」は何だったのか、小園を見るということは同時に松川も見ていたわけですからそれで絶対に獲らねばならぬとなったのか、しかし最初から松川であればそんなブラフは必要ありませんので直前に何らかの方針転換があったのかもしれません。
あるいは小園の重複が多いと、もしくは松川を外れで指名するところがあるとの情報でもあったのかもしれず、いずれにしても思い切ったものです。
ロッテが捕手を1巡目で指名したのは井口監督と青学大で同期だった清水コーチ以来の25年ぶりで、その前が袴田、その前がドラフト初年度の大塚といずれも大学生の3人のみですので高校生捕手の1巡目はロッテでは史上初ですから思い入れの強さが見て取れてます。
ロッテファンとしている記事があるのも喜ばしく、こういった選手をどんどん獲っていきましょう、好きこそものの上手なれ、です。
そして2巡目の池田(国士舘大)は待望のマリーンズジュニア出身者で、セカンドが本職らしいので中村奨への刺客か、それともサードで藤岡や安田への対抗馬なのか、いずれにしても右の内野手ですので納得感があり、松川とともに自分の希望とは1つずつ上の巡目でしたが何の文句もありません。
3巡目は巨人が外れで1巡目にするのではと噂された廣畑(三菱自倉敷)は大卒社会人の24歳ですから当然に即戦力でやってもらわねば、おそらく先発候補なのでしょう、社会人ナンバーワンとも言われながらも森(三菱重工West)らの後塵を拝した悔しさをプロで晴らしてください。
左腕は4巡目に高校生の秋山(二松学舎大付)、さりげなく流山出身ですので地元なわけで、しかし引っ越しをしたようでヤクルトジュニアとのこと、174センチらしいですが170センチとしているところもあるので160センチ台かもしれず、小柄な選手は自分的な嗜好に合いませんが宮城になりましょう。
5巡目の八木(三菱重工West)は廣畑と同じく大卒社会人の24歳、ずっとリリーフとのことで年齢的にも近い小野とガチンコ勝負です。
育成枠1巡目の田中(旭川実)、3巡目の永島田(立花学園)はいずれも高校生右腕で、秋山とともに二木から始まった路線の強化を期待しています。
富山枠なのか育成枠3巡目の速水(BC富山)は担当がそのBC富山から兼任で今春に就任した永森スカウトで、BCリーグで規定打席に達していませんからレギュラーでもなく今季は.283ながらも2発で下位を打っていますし、守備走塁に秀でているとの評ですが見た目の数字は4盗塁に守備率.933で大丈夫かよ、です。
最後の育成枠4巡目が八千代出身ながらも高校が地元中の地元、村山(幕張総合)は高校生の捕手が二人は欲しいと考えていただけにナイスでした。
そんなこんなでこの9人で現有戦力の尻に火を付けて欲しい、虎生(こう)、来翔(らいと)、正雲(せいうん)、楓基(ふうき)、輝斗(きらと)と今風なのか何なのか分かりませんが読みづらい名前の選手が多いので、早くファンに覚えてもらえるよう頑張ってください。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

指名選手一覧

以下がロッテの指名選手です。
それぞれのコメントは公式サイトの担当スカウトによるものになります。

1巡目 松川虎生 捕手 右 18歳 市和歌山 178㎝・98㎏
高校通算43本塁打の打てる捕手。
広角に長打が打てるのが魅力で、守備もセカンド送球1.8秒台を記録する強肩。
主将も務め、チームからも信頼が厚くキャプテンシーも強い。
将来的には球界を代表する打てる捕手になって欲しい。

2巡目 池田来翔 内野手 右 22歳 国士舘大 180㎝・95㎏
地元千葉県八千代市出身で将来期待の大きい中距離打者です。
野球に関して真面目で向上心が高い選手。
1年目からレギュラー争いに入って頑張って欲しい。
2011年マリーンズジュニアメンバーで、ジュニアチーム出身初の交渉権獲得となる。

3巡目 廣畑敦也 投手 右 24歳 三菱自倉敷 175㎝・83㎏
最速154キロの直球と変化球のコンビネーションで抑え、三振も取れるゲームメーク能力が高い選手。
打者に向かっていく気持ちも強く、即戦力で1年目からの活躍も期待できる。

4巡目 秋山正雲 投手 左 18歳 二松学舎大付 174㎝・77㎏
地元千葉県流山市出身。
小柄ながら投げっぷりが良く、打者のインサイドを強気に攻める投球が最大の武器。
140キロ台後半の質が良い球を投げ、高校生でレベルが高い変化球を織り交ぜ、頭脳的なテクニックが武器の投手。
期待する所は投球スタイルが確立されているので、まずはファームでローテションを投げて欲しい。

5巡目 八木彬 投手 右 24歳 三菱重工West 180㎝・94㎏
150キロ前後の強い真っ直ぐとフォークボールが武器でここ一番で三振の取れるパワータイプ。
将来的にはリリーフとして期待のできる投手。

育成枠1巡目 田中楓基 投手 右 18歳 旭川実 180㎝・75㎏
MAX148キロのキレのあるストレートを投げる身体能力の高い投手。
相手に向かっていく躍動感も魅力的で、将来楽しみな投手。

育成枠2巡目 速水将太 内野手 右 21歳 BC富山 174㎝・67㎏
守備走塁が最大の武器。
小技が巧い内野手。
打撃面でもコンタクト能力が高く、パワーがついてきたら面白い選手。
まずは守備面で頭角を現して欲しい。

育成枠3巡目 永島田輝斗 投手 右 18歳 立花学園 180㎝・85㎏
捕手から転向したパワーピッチャーで、馬力があり強い腕の振りから150キロの真っすぐを武器にし、多彩な変化球を投げ分ける器用さを持つ投手。
ダイヤの原石タイプの投手でこれからの精度アップ次第では、早い支配下も期待できる。

育成枠4巡目 村山亮介 捕手 右 18歳 幕張総合 186㎝・108㎏
高校通算38本塁打、186cm、108kgの体格に恵まれた大型捕手。
幕張のアジャ2世で長打力を活かした打撃で早期支配下を目指して欲しい。
高校はZOZOマリンの近くに位置し、幕張総合高校初のプロ指名。

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村