ジュニア出身者を心待ちにつぶやく

もうすぐドラフト会議が始まります。
本命無きドラフトを象徴するかのように事前公表は西武の隅田(西日本工大)、ソフトバンクの風間(ノースアジア大明桜)のみで、各紙の入札予想もロッテが小園(市和歌山)、ヤクルトが隅田で足並みを揃える以外はバラバラですから意外な一本釣りが出てくるかもしれません。
そんな中でロッテが佐藤(筑波大)や山下(法大)ら即戦力左腕ではなく小園が最有力視されているのが意外ではあり、自分的にはマリーンズジュニアの有薗(千葉学芸)にいって欲しいものの投手であれば、と言うよりは高校生を中心としたドラフトであって欲しいのでウエルカムではあります。
もっとも重複は避けられず多いところでは4球団の予想もありますから井口監督の神腕が復活するか、昨年のリベンジを期待します。

支配下での指名人数は4~5人ともされていますが今日に発表となったフェニックスリーグへの派遣メンバーを見れば南、大嶺ら意外な名前があったりもして、まさかそれより少ない3人ということもないでしょうが、5人も指名してくれれば御の字かもしれません。
もっとも宮崎まで連れて行きながらもドラフトの結果を受けての非情な通告、あるいは最終的なチェックの意味合いの選手も含まれているかもしれず、今日に先発を任されながらも4回9安打7失点と炎上した土肥、やはり失点した南、一方で1回パーフェクトの石崎、大嶺と悲喜こもごもだったようです。
そしてそこに呼ばれすらしなかった成田、育成枠の原はもう決まりなのか、永野は飛行機の関係があるのでやや微妙、これらはまた別の機会にまとめます。

今年もコロナ禍のため個室ですね、それでも監督の入場イベントはお約束です。
さすがに球団発売のウレタンマスクではなく不織布マスクで、そりゃそうだ、でも原監督はグッズの橙色ウレタンマスクっぽい。

さあ入札です。
DeNAは小園(市和歌山)、日本ハムは達(天理)、中日はブライト(上武大)、西武は隅田(西日本工大)、広島も隅田、ソフトバンクは風間(ノースアジア大明桜)、巨人も隅田、楽天は吉野(昌平)、阪神も小園です。

ロッテの入札は松川虎生(市和歌山)!

いやあ、驚いた。
まさか松川でいくとは、1巡目の評価は自分的には微妙ですが、各紙とも騙されたサプライズです。
ヤクルトも隅田、オリックスは椋木(東北福祉大)で、隅田が4球団、小園が2球団の重複とはロッテもそうですが一本釣りに走ったチームが多かったです。
風間の単独、森木(高知)に入札が無かったもの意外ではあります。

抽選の結果、小園はDeNAが、隅田は西武が当たりくじを引きました。
隅田は広島が当てて欲しかったんだけどなぁ、これで吉野に続いて有薗も広島に持っていかれてマリーンズジュニアの入団は風前の灯火になりそう。

外れ入札は広島が山下(法大)、巨人が翁田(関西国際大)、阪神が森木(高知)、ヤクルトも山下です。
山下でまた重複しました、こう見てみるとパシフィックに一本釣りが多かったのがちょっと意外ではあり、それだけ評価が分かれたドラフトなのでしょう。
巨人の翁田はビックリでしたが関西国際大のサイドハンドは益田二世と呼ばれるのか、松川もそうですが事前の評価は今年も裏切られます。

山下はヤクルトが当たりくじを引いて、広島の外れ外れは黒原(関西学院大)です。
これで12球団の1巡目が確定しましたが、千葉出身者が吉野、山下と二人、楽天が吉野ってのが嫌だなぁ、セントラルに行って欲しかったです。

ロッテの1巡目は松川虎生(市和歌山)!

野手の1巡目はウエルカムですが有薗ではなく松川は想定外で、いずれにしても2巡目は投手なのでしょう。
こうなってしまうと事前の評価は当てになりませんがそれでも例えばニッカンで高評価をされていた選手で残っているのは木村(北海)、石田(東海大相模)、畔柳(中京大中京)、佐藤(筑波大)、桐敷(新潟医療福祉大)、鈴木(創価大)、古賀(中大)、野口(関西大)、正木(慶大)、山田(JR東日本)、廣畑(三菱自倉敷)で、ちなみに松川、有薗ともBランクですが翁田も吉野も山下もそう、気にすることはありません。
さて、10番目までに誰が残っているのか、左腕にこだわって失礼ながらも中途半端に思えるところにいかないことを願います。

記者会見があるので仕方がありませんが、この1巡目確定から2巡目までの間隔が長いです。
あれこれ各球団とも戦略の練り直しをしているのでしょう、ロッテはどの左腕が残っているかをドキドキしていそう、有薗が残っていてスルーされるよりは日本ハムやソフトバンクは嫌ですが広島が獲ってくれた方がよいような、とっとと始めてください。

やっと2巡目が始まりました。
DeNAは徳山(早大)、日本ハムは有薗(千葉学芸)、中日は鵜飼(駒大)、西武は佐藤(筑波大)、広島は森(三菱重工West)、ソフトバンクは正木(慶大)、巨人は山田(JR東日本)、楽天は安田(愛知大)、阪神は鈴木(創価大)です。

ロッテの2巡目は池田来翔(国士舘大)!

マリーンズジュニアがキターッ!
まさか2巡目も野手とは、いいじゃない、いいじゃない、右の内野手はウエルカムです。
井口監督が獲ったのだから藤岡のように使うでしょう、そう思いたい。

ヤクルトは丸山(明大)、オリックスは野口(関西大)で、全体的に野手が多い2巡目でした。

さあ3巡目です。
オリックスは福永(国士舘大)、ヤクルトは柴田(日本通運)です。

ロッテの3巡目は廣畑敦也(三菱自倉敷)!

ここで投手がきました。
本人からすればこの巡目は不本意でしょう、ロッテとしては左腕にいくと思っていましたが桐敷らの評価がさほどではなかったのか。
大卒社会人の2年目ですので文字どおり即戦力として活躍してもらわねば、先発タイプなのか中継ぎタイプなのか、これからです。

阪神は桐敷(新潟医療福祉大)、楽天は前田(三島南)、巨人は赤星(日大)、ソフトバンクは木村(北海)、広島は中村(トヨタ自動車)、西武は古賀(中大)、中日は石森(火の国)、日本ハムは水野(JR四国)、DeNAは粟飯原(東京学館)です。
やたら大学生、社会人が多い、高校生の名前がほとんど挙がりません。

次は4巡目です。
DeNAは三浦(法大)、日本ハムは阪口(岐阜第一)、中日は味谷(花咲徳栄)、西武は羽田(八王子学園八王子)、広島は田村(愛工大名電)、ソフトバンクは野村(NTT西日本)、巨人は石田(東海大相模)、楽天は泰(神村学園)、阪神は前川(智弁学園)です。

ロッテの4巡目は秋山正雲(二松学舎大付)!

ここで高校生左腕です。
自分的な嗜好では小柄な選手はあれですが、ここは宮城になってもらいましょう。
ジョンウン、とか呼ばれてしまいそう。

ヤクルトは小森(宇部工)、オリックスは渡部(慶大)です。

さてロッテはそろそろ終了なのか5巡目です。
オリックスは池田(大阪桐蔭)、ヤクルトは竹山(享栄)です。

ロッテの5巡目は八木彬(三菱重工West)!

知らない名前です。
どうやら廣畑と同じく大卒社会人の2年目で、右腕です。
東北福祉大のときの実績は少なく高校のときの疲労骨折など怪我が多いらしいのが気にはなります。
どこぞのスカウトはリリーフタイプだと評価していました。

阪神は岡留(亜大)、楽天は松井(金沢学院大)、巨人は岡田(法大)、ソフトバンクは大竹(東北福祉大)、広島は松本(Honda鈴鹿)、西武は黒田(八戸工大一)、中日は星野(豊橋中央)、日本ハムは畔柳(中京大中京)、DeNAは深沢(専大松戸)です。

もう無いだろう6巡目です。
DeNAは梶原(神奈川大)、日本ハムは長谷川(金沢学院大)、中日は福元(大阪商大)、西武は中山(白鴎大)、広島は末包(大阪ガス)、ソフトバンクは選択終了、巨人は代木(明徳義塾)、楽天は西垣(早大)、阪神は豊田(日立製作所)です。

ロッテの6巡目は無し!

昨年と同じく5巡目で終わり、報じられていたとおりです。
寂しい、もっといって欲しかったですがその昨年とは違って降りたのはロッテがいの一番ではなかったので全体的にそういうことなのでしょう。

ヤクルトは選択終了、オリックスは横山(セガサミー)です。

どうでもよくはない、育成枠に残しておいて欲しい7巡目です。
オリックスは小木田(TDK)、阪神は中川(京都国際)、楽天は吉川(JFE西日本)、巨人は花田(広島新庄)、広島は高木(県岐阜商)、西武は選択終了、中日は選択終了、日本ハムは松浦(大阪桐蔭)、DeNAは選択終了です。

さてさて8巡目です。
日本ハムは北山(京都産大)、広島は選択終了、巨人は選択終了、楽天は選択終了、阪神は選択終了、オリックスは選択終了です。

日本ハムの独り旅か、9巡目です。
日本ハムは上川畑(NTT東日本)です。

これで最後の10巡目です。
日本ハムは選択終了、これで全ての支配下での指名が終了しました。

とにかく高校生の評価が低かった、それに尽きます。
4巡目の阪口、7巡目の花田、高木、松浦などは高校生が大好きなドラフトフリークからすれば驚き以外の何ものでもないでしょう。

さて育成枠では誰を指名するのか、何人を指名するのか、こちらは枠の心配が無いのでどんどんいって欲しいです。
捕手はもう一人は欲しいので村山(幕張総合)があるのか、その他ではもうこうなれば全く当てにはなりませんが事前の高評価から支配下での指名漏れとなった市川(関東一)、寺嶋(愛工大名電)、松本(亜大)、その他は独立リーグは問題ないでしょうが社会人は育成枠がNGのはずなので高校、大学に指名の可否をスカウトが確認しまくっているのではないかと、そして下位で指名した高校生などは拒否の可能性もありますので速攻の挨拶など大忙しでしょう。

まずは育成枠1巡目です。
DeNAは村川(IL徳島)、日本ハムは福島(八戸西)、中日は参加せず、西武は古市(IL徳島)、広島は新家(田辺)、ソフトバンクは藤野(戸畑)、巨人は鈴木(北海学園大)、楽天は宮森(IL高知)、阪神は伊藤(中京大)です。

ロッテの育成枠1巡目は田中楓基(旭川実)!

右腕です。
実は北海道出身らしい松浦とライバル関係にあったらしいですが、よく分かりません。

ヤクルトは岩田(BC信濃)、オリックスは山中(BC茨城)です。

育成枠2巡目が続きます。
オリックスは園部(BC福島)、ヤクルトは選択終了です。

ロッテの育成枠2巡目は速水将大(BC富山)!

安定のBC富山です。
大卒ですが短大なので21歳、小柄な右の内野手です。

阪神は選択終了、楽天は柳沢(日大藤沢)、巨人は高田(BC石川)、ソフトバンクは川村(仙台大)、広島は前川(敦賀気比)、西武は滝澤(関根学園)、日本ハムは速水(BC群馬)、DeNAは東出(小松大谷)です。

井口監督がいるのだからまだ終わらない育成枠3巡目です。
DeNAは大橋(BC茨城)、日本ハムは柳川(九州国際大付)、西武は菅井(山本学園)、広島は中村(高岡第一)、ソフトバンクは井崎(福岡)、巨人は亀田(東海大)、楽天は大河原(東海大山形)です。

ロッテの育成枠3巡目は永島田輝斗(立花学園)!

また右腕です。
上体が強いとはスカウト評ですが、うん、上下のバランスが悪いと言いますか下半身が細いような、死ぬほど走り込んでもらいましょう。

オリックスは大里(東北福祉大)です。

まだまだいくぞ育成枠4巡目です。
オリックスは選択終了です。

ロッテの育成枠4巡目は村山亮介(幕張総合)!

きた、二人目の捕手、いい感じです。
これで余程のことがなければ故障者が出ても二軍で試合ができない心配は無いでしょう、地元出身ですので期待しています。

楽天は選択終了、巨人は笹原(上田西)、ソフトバンクは三浦(東北福祉大)、広島は坂田(中央学院大)、西武は川村(国学院大)、日本ハムは阿部(平塚学園)、DeNAは選択終了です。

貪欲にいこう育成枠5巡目です。
日本ハムは選択終了、西武は選択終了、広島は選択終了、ソフトバンクは田中(帝京第五)、巨人は鴨打(創成館)です。

ロッテの育成枠5巡目は無し!

ソフトバンクと巨人の乱獲に抗って欲しかったのですが、4人で終わりました。
支配下選手登録と合わせてれば9人ですから頑張ってくれたと言ってよいのか、うん、いいドラフトだと思いましょう。

どこまで続のか育成枠6巡目です。
巨人は菊地(桐蔭横浜大)、ソフトバンクは加藤(滝川第二)です。

いつもの一騎打ちは育成枠7巡目です。
ソフトバンクは山崎(石見智翠館)、巨人は京本(明豊)です。

すげーな育成枠8巡目です。
巨人は富田(四国学院大)、ソフトバンクは佐久間(田村)です。

使い捨てにならなければいいけど育成枠9巡目です。
ソフトバンクは山本(明星大)、巨人は川嵜(誉)です。

これで締めのはず育成枠10巡目です。
巨人は大津(北海)、ソフトバンクは加藤(東明館)です。

そうか全体の人数に達しなければいくのか育成枠11巡目です。
ソフトバンクは瀧本(市松戸)、巨人は選択終了です。

ソフトバンクの独り旅の育成枠12巡目です。
ソフトバンクは三代(大分商)です。

もう好きにやってよ育成枠13巡目です。
ソフトバンクは佐藤(新潟医療福祉大)です。

この巡目で入団するのか育成枠14巡目です。
ソフトバンクは仲田(福岡大)です。

まさかいくのか育成枠15巡目です。
ソフトバンクは選択終了、これで今年のドラフトの全てが終わりました。

ニッカンの評価でBランク以上で指名漏れだったのは市川(関東一)、寺嶋(愛工大名電)、松本(亜大)、鈴木(TDK)、山本(SUBARR)、米倉(Honda)、原田(日立製作所)、小孫(鷺宮製作所)、中川(セガサミー)、北川(セガサミー)、船曳(日本新薬)、藤井(NTT西日本)です。
ただ驚くような名前は無く、むしろ支配下で下位だったり育成枠だったりと、毎年のことですがドラフトフリークやスポーツ紙とプロの評価の差が出たといったところか、それが顕著だったような気がしないでもないですが、まあそんなものなのでしょう。
この時点でのそれはあまり意味が無いにしてもその前評判や高校生が好きなドラフトフリークが持ち上げそうなのは隅田、佐藤、古賀の西武に達、有薗、阪口、畔柳、松浦の日本ハムか、大学生の外野手が上位3人の中日に加藤は大丈夫かと思ったりもしています。

日付が変わるぐらいに総括と言うほどでもありませんがロッテの指名をまとめますので、よろしくお付き合いいただければ幸いです。
お疲れ様でした。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村