植田がスタートラインに立つ

植田が支配下選手登録をされました。
慶大では4年間で7試合5打数1安打でしかなく、しかも最終学年の4月に右肘のトミージョン手術は野球を続けることを目的としたものですから、慶大野球部であれば別の生き方もあったでしょう、そのハングリー精神と先輩の目を気にしながらサインをしてくれた石垣島で推しの一人ですので嬉しいです。
本人の「ここからがプロ野球選手としての本当のスタート」との言葉どおりに、慶大初の育成枠契約を経由しての支配下選手登録からの這い上がり、成り上がりを見せて欲しい、もしかしたら大学時代はその背中すら見えなかったかもしれない郡司に追いつき追い越して欲しい、楽しみにしています。

森は時間差?

一方で森の発表はありませんでした。
国吉、加藤のトレード、ロメロの獲得を小分けにしたのはそれぞれが注目されるようにするための意図があったのでしょうから今回もそうだろうと思いたい、リーグダントツの9勝に防御率も2位の森が支配下選手登録されないなんてバカな話はないでしょう。
若い番号を与えないのであれば植田の95で背番号が埋まってしまったから、であれば前里の90、味園の93、小池の94といずれもブルペン捕手のものを譲ってもらえばいいですし、そんなのが理由になるわけもなく、もうトレードも新外国人選手も無いでしょうから枠を空けておく必要もありません。
気になるとすればエキシビションマッチに植田は呼ばれましたが森に声かがかからなかったこと、昇格レースを独走していたはずの森が植田にひっくり返されたのであればあれがその予兆だったのか、もしこのまま見送られれば森のモチベーションが心配すぎます。
もう4年目で球団に拘束力はありませんので下手をすればオフに他球団に持っていかれてしまうかも、そうならないよう明日に笑顔が見たいです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村