隠れ貯金で勝ち越せ

言霊シリーズの第四弾です。
これまでの三回で8勝1敗2分と圧倒的な勝率で全ての勝ち越しはチームが好調なだけにしても、早くマジック点灯を見たいので験担ぎに走ります。
対日本ハムはここまで9勝2敗4分とお客さんにしていますので取りこぼすわけにはいかず、また明日からのカードを含めて残り10試合と他の4チームに比べてかなり多いので隠れ貯金のようなもの、それを確実にするためにも「向こう30年、ロッテにはちょっと手を出せないなみたいな、そんな感じで勝ちたい」です。

先陣は岩下

その初戦は後半戦に蹴躓きまくっている岩下で、抹消中の二軍戦でも6回1/3で10安打を浴びての4失点でしたのでどうしても不安が残ります。
いきなり失点する、立ち上がりを抑えたかと思えば中盤に崩れる、とどこからでも点を取られる悪循環はしかし日本ハムを相手にすればそこそこの相性にすがりたくもなり、理想的なのは打線の援護で楽に投げさせること、菅野と高部が抹消されましたのでマーティンだけではなく藤原も戻ってくるかもしれません。
レアードこそ四番に移しましたが基本的な打順をいじらずに型を維持してきましたので、復帰組はすんなりと入り込めるはずです。
バーヘイゲンには前回に4回2安打零封と苦しむも早めの継投を攻略して引き分けに持ち込みましたが、ここのところは長いイニングを投げています。
それでも所詮は5点に近い防御率でしかなく、どうも早い仕掛けより遅い方がいい試合展開になっているのが引っ掛かりはしますが、電光石火でいきましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村