三番と八回

安田の定着でチャレンジ枠が七番に移動をしたかと思えば三番も継続のようで、そして連日起用の菅野が窮地を救ってくれました。
山野辺の軽率なプレーで荻野が開幕からの連続試合出塁を継続するもマーティンが三振、そのまま回を終えてしまえば松本のペースに戻ってしまいかねなかったところで粘っての8球目を中段まで運ぶ豪快な一発は森の構えたところよりも高めは失投だったのでしょうが、それを逃さずに捉えた素晴らしい一撃です。
さらには中押しのタイムリーも思い切りのいいスイングで流れを引き寄せる大きな1点をもたらし、いずれも内を突かれたものですのでそこを弱点と見られての攻めであれば菅野としてはそれをはね返して次のステップに進むマルチヒットでしょう、昨季も二軍で抜群の数字を残しての昇格は一軍で結果を出せずに悔しい思いをしただけに今季はそれを繰り返すわけにはいかず、そして絶好の舞台が用意をされています。
打線の軸として三番に重きを置いて中村奨にこだわっていた井口監督が宗旨替えをしたのか福田秀の骨折離脱の事情があるにせよチャレンジ枠として暫くは続きそうで、印象的な仕事はしていますが率の上がらない清田をだだ使いをしないなど固定枠からは外れているのはいい傾向でしょう。
好調な荻野の存在を考えれば三番は大事なポジションですがマーティンを二番に据えることでそれに代えようとしているのであればそこに競い合いの場があるのは面白い発想かもしれず、それも福田秀の復帰までだとは思いますが菅野、清田、その他の選手の聖域なきサバイバルとなれば楽しみになります。

同じく八回もチャレンジ枠の様相を見せ始めました。
今日の石崎は先頭打者に長打を浴びての1失点ともうひとつではありましたが、その抜擢も前回の登板で三者連続三振があったからこそでしょう。
守護神に繋ぐ八回は実のところその守護神よりも大事な役割を担っていると考えていますが、しかしリードをしている場面で先発からバトンタッチをされる一人目は潮目を変えないことを求められるポジションであり、昨今は先発が六回目処になりつつあることからして七回にハーマンは妥当なのかもしれません。
もちろん勝利の方程式ががっちり決まるに越したことはありませんが八回もサバイバルの場になればブルペンとしてのレベルアップにもなりますので、またこれが誰それと固まった八回であればピンチでも任せると言う名の放置になりがちなのに対して左打者には左腕など総動員へのハードルも低くなります。
前日の左打者に東條をそのまま、を見ればベンチや吉井コーチはそこまで考えてはいないようですが、もし八回もチャレンジ枠になればこちらも楽しみです。
そしてようやく今季初勝利を手にした種市は初回の柿沼に助けられる立ち上がりから140キロ台後半のストレートにフォーク、スライダーと持ち味を出せていたのではないかと、強風でコンディションが悪い中での130球はきつかったでしょうが中6日であればこれぐらいは許容範囲なのでいい経験になったでしょう。
種市はぞわぞわしたと思いますが連日の逆転勝ちを目論んだのであろう平井投入を無駄にした益田の三者凡退も明日に繋げたい、岡の守備固めもGJでした。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
西武 0 0 2 0 0 1 0 1 0 4 8 2
千葉ロッテ 4 1 0 1 0 0 0 0 X 6 7 1

◆7月11日(土) 千葉ロッテ−西武4回戦(2勝2敗、14時4分、ZOZOマリン、4,929人)
▽勝 種市 4試合1勝1敗
▽S 益田 9試合1敗5S
▽敗 松本 4試合2敗
▽本塁打 菅野1号(松本)、井上4号(松本)、鈴木1号(種市)

▽バッテリー
千葉ロッテ 種市、ハーマン、石崎、益田—柿沼、田村
西武 松本、伊藤、森脇、平井—森

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村