ジャクソンがいれば、とは言うまい

前日のもやもやを断ち切る白星にあと一歩と迫りながらも八回東條、九回益田が炎上をして絵に描いたような逆転負けとなりました。
それでも八回はジャクソンであれば逃げ切れただろう、とは死んだ年の子を数えるようなものですから言うまい、残った選手で頑張っていくしかありません。
ただそれにしてもなぜハーマンではなく東條だったのか、昨季や開幕ちょっと前までの東條であれば妥当でしたがどっぷりと二年目のジンクスにはまって持ち味の外に逃げていくスライダーがなかなか決まらずに苦しんでいるだけに、あそこでの起用はやや理解に苦しみます。
あるいは山川を外国人打者に見立てたのかもしれませんがロドリゲスらにも四苦八苦をしているのが現状ですし、それであれば2点リードなのですから一発を食らってもまだ1点差とイニングトータルで考えるべきではなかったのか、左打者に四球、同点アーチとなっただけになおさらです。
そして予定調和のように益田が押し出しという最悪の決勝点を与えてしまい、開幕カードこそ抑えましたが以降は三者凡退が一度もなく今日で守護神が3試合連続失点となればチームに勢いが付くはずもなく、しかし故障者と行方不明者が続出で代わりの候補すらぱっと思い浮かびませんので春先からずっと不調の益田が上向くのを待つしかないのか、ここは陳冠宇、石崎、中村稔、小野らのレベルアップにも期待をしましょう。
そんなリリーフ陣にようやくの今季初勝利を消された石川はいきなり山川にスリーランを浴びる立ち上がりも二回以降は無難にまとめての7回4失点は、しかし点の取られ方の悪さと四回の3四死球での失点でエースとしての責任を果たせたとは言いづらいところがあります。
開幕カードのように無双なピッチングをしたかと思えば序盤に簡単に失点をしてみたり、それでも終わってみれば目も当てられないようなことにはならないところがどこか涌井化が進んでいるような、ブラフにせよメジャーを口にするのであればもう少し高いレベルでの安定感が欲しいです。

一方の打線は何も無かったかのように五番でスタメン復帰をした井上が実況、解説が絶叫するような逆転スリーランを放ち、しかしそれ以外の走塁を見ると内野ゴロで全力疾走をする井上ではないにしてもあまりにダラダラ走っていましたからあるいは下半身に不安があるのかもしれません。
また大きな怪我に繋がりかねませんので賛成はできませんが田村が二度、藤岡もヘッドスライディングをするなど前のめりなプレーを見せてくれました。
その藤岡はしかし源田との守りの差が地味に響いたような、下手なものではありませんでしたが九回のそれは源田であればアウトだったでしょう。
それにしても詰めが甘いと言ってしまえばそれまでですが、かつての田中や岸、山本や昨日の本田もある意味そうですし今日のニールと天敵に土を付けるチャンスがありながらも結局は追いつかれたりひっくり返されたりと苦手意識を払拭できないのが何とももったいないです。

余談ですが無観客試合のときの音響による応援歌が無くなり拍手での応援は新鮮で内野派としてはフル観衆になってもそれでいいやと思ったりもして、また連れでも座席指定どおりに間隔を空けて座っている人もいれば隣に座っている人もいたり、ラグーンではソーシャルディスタンスが保たれていないようにも見えたのが来たるべきして来た第二波の襲来とともにスタンドを満員にできる日がくるのかと不安になったりもしています。
そしてジャクソンについての松本球団本部長の謝罪は迷惑をかけたというところで球界やファンに対しては仕方のないところではありますが、一企業で分かることであればとっくに摘発をされていたでしょうから「調査が甘かった」とは思えず、このあたりは日本的な会見ではありました。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
西武 3 0 0 1 0 0 0 2 1 7 5 0
千葉ロッテ 2 0 3 1 0 0 0 0 0 6 6 1

◆7月10日(金) 千葉ロッテ−西武3回戦(西武2勝1敗、18時、ZOZOマリン、4,891人)
▽勝 ギャレット 9試合2勝
▽S 増田 8試合1勝6S
▽敗 益田 8試合1敗4S
▽本塁打 山川6号(石川)、井上3号(ニール)、栗山2号(東條)

▽バッテリー
千葉ロッテ 石川、東條、益田—田村
西武 ニール、宮川、ギャレット、増田—森

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村