ありがとう酒居

仙台での仇を討つことはできませんでしたが、何とか五分でカードを終えました。
カード初戦、そしてこの試合と負けが濃厚だったことからして実質的には前回と同じく1勝5敗みたいなものですが、逆に言えば楽天からすれば勝てた試合を落としたことにもなり、それがカード初戦、最終戦となればイメージ的にはただの負けよりもダメージが多いだろうとロッテ目線で独り合点しておきます。
その逆転劇を華麗に演出してくれた酒居はここまで古巣を相手に抑えてはいましたがしかし勝利に直結するものではなく、ただ四球連発はあまりに露骨でそのうちにバレるかもしれませんからそこは適度に、今後もどうでもいいところで抑えて信用を得つつキモで打たれるでお願いします。
やはり人的補償で流出した中郷は不幸にも他のチームにも打たれて短命で終わりましたが今は元気にロッテでスタッフをやっていますので、そのあたりのケアは万全ですから酒居にも後顧の憂いなく楽天、ロッテの両者に貢献する日々を送ってください。

角中が徳俵で踏ん張る

一部に報じられた野手の入れ替えは大阪遠征まで先送りとなったのか、しかしその筆頭候補である土俵際まで追い込まれていた角中が踏ん張りました。
代打で登場はずっとカモられている牧田から鋭く振り抜いて追撃のライトスタンドへ一直線、次の打席では満塁から緩いボールをしっかり引き付けての同点タイムリーとマルチ一発2打点はギリギリで降格の危機を免れたのではないかと思います。
持ち味であるファールで粘りつつ仕留めるバッティングは影を潜めたままですし重心が低すぎて高めに対応できてないにようにも見えますのでこれで上昇気流とはいかないかもしれませんが、ルーキーのときからずっと角中推しとしてはベテランの復調を待ちたいです。
どうにも振りすぎの感がありますので今日のように被せるようなスイングができるようになれば、こんな低打率にあえぎ続けることもないでしょう。
よってお立ち台で泣き出すのを堪えるかのような口元が印象的でしたが、左手を添えるだけ、高野の二番煎じですがその繰り返しはオッケーです。
そうなると厳しいのは今日もタコを釣り上げた福田秀で、そもそも荻野の故障離脱がなければ二軍での調整が続いていたのでしょうから原点に戻る判断はありそう、それなりに捉えた打球も少なくないですが50打席近くありながらも1割ちょっとであれば加藤でももう少しは打てそうな気がします。
やはりもう少しでヒットになりそうだった鳥谷は福井との相性によるスタメンらしく、しかしそれも2015年、2016年のことでその翌年の2打数ノーヒットから対戦はありませんのでデータの使い方が間違っているような、それでもそれで藤岡が奮起をするのであれば井口税という名の必要悪と思うしかありません。
そして八番DHでの助っ人は笑止千万、相方のマーティンが絶好調で安田、井上とクリーンアップが固まっていますのでそれで引き立つ脇役の構図となればその脇を固める中村奨、菅野に加えてもう一押しが欲しく、そもそも本当に入れ替えがあるかも分かりませんが無いのであれば和田の抜擢などを期待します。
それにしても柿沼がプロ初のバント失敗でゲッツーを食らうなど流れも悪かったですし、ラッキーエイトが追いつかない程度の反撃に終わらずにひっくり返すとは野球は面白い、しかしオリックスにやり返される面白さなどは見たくありませんのでくれぐれもご注意願います。

種市ショックを乗り越えて

前日にKOされた種市の抹消はこれまでの好投からして不可解でしたが軽い右肘の違和感と、球数が多い試合があったことでの休養を兼ねてのものらしいです。
ローテーションの軸として岩下とともに両輪でチームを引っ張ってきた種市の離脱は計り知れないほどのショックで軽症であることを願わずにはいられませんが、しかし一方で他の投手にとっては大きなチャンスですから、その穴は待ちきれなかったのか四度目にして今日に二軍で炎上した二木が脱落となればその前日に好投した有吉なのか、フローレス再びなのか、そして中村稔も定着に向けてナイスピッチングでした。
ワイルドピッチにかかるミスとまたしてものロメロの一発で3点を失いましたがそこ以外は思ったように投げられたのではないかと、前回ほどに球威は感じられませんでしたがストレートを軸に亜細亜ボールを控えに目にカーブを多投した配球も裏をかいたのではないかと思います。
浅村に粘られたのはいい学びとしてもらいたく、先発も二度目となると5回72球での降板は早すぎましたので次は六回、七回を任せたいです。
対してリリーフ陣の苦しさは改善の兆しが見られず、重さを忘れたが南がいきなり歩かせた挙げ句の被弾ではお話になりません。
ベンチ入りしていなかった永野が抹消されなかったのでもう車で大阪に向かったのでしょう、しかしこの南では大阪の地を踏むのは難しそうです。
経験からすれば有吉ですが低めを丁寧に突くコントロールがあり球威もあるフローレスを中継ぎに回す選択肢も考えてもらいたく、とにかく明日の公示です。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
楽天 0 0 0 3 0 0 2 1 0 6 7 0
千葉ロッテ 0 0 0 1 0 2 1 3 X 7 9 1

◆8月2日(日) 千葉ロッテ−楽天12回戦(楽天8勝4敗、17時、ZOZOマリン、4,996人)
▽勝 陳冠宇 9試合1勝
▽S 益田 17試合1勝2敗11S
▽敗 酒居 16試合1勝1敗
▽本塁打 ロメロ10号(中村稔)、11号(南)、角中1号(牧田)、マーティン8号(酒居)

▽バッテリー
千葉ロッテ 中村稔、唐川、南、陳冠宇、益田—柿沼、田村
楽天 福井、津留崎、久保、牧田、酒居、宋家豪—足立

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村