粘り分け

勝たなければならない試合でしたが追いつかない程度の反撃に終わらず、よく追いついての引き分けです。
そのまま逃げ切られていれば中田美談化の片隅に追いやられている井口の白星、前日にお子様が産まれた杉浦のセーブとなって話題性かつチームを乗せてしまったかもしれませんので、欲を言えば勝ち越したかったですが、ほぼほぼ負け試合だっただけに頑張ってくれました。
この引き分けの意義をもっと大きくするには明日に確実に勝つことが大事で、カード2試合で余裕があるので早めの継投、そしてここぞの一本をお願いします。

角中に出番無し

バーヘイゲンの4回2安打6奪三振零封での交代は前回登板も3回1安打無失点でのお役御免でしたので、日本ハムとしては予定どおりだったのでしょう。
ロッテからすればいかに二番手以降を攻略するかがポイントだけに助かりました、しかしその二番手以降を攻め立てながらも十八番のあと一本が出ません。
そして杉浦に岡で期待をしたものの敢えなく三振で諦めかけたところからの荻野のタイムリーツーベースに中村奨の同点タイムリー、連続試合安打が止まりそうで打ちたかったであろう藤原が無理をせずに四球を選んだのもポイントで、最後の最後にやっといい攻撃になりました。
無理に、と言うところでは引っ張らない中村奨の存在が大きく、相手バッテリーからすればやっかいな存在でしょう。
一方で落ちるボールにタイミングが合わないレアードがブレーキとなってしまい、ここ数試合がそんな感じで、復調が待たれます。
全体としては和田と小川を起用したのはいい傾向もエチェバリアはどうした、代打であってもいい場面でも呼ばれず故障かと思いきや最後に守りで出てきたので何だったのか、お約束の加藤にも、山口にも代打角中とならなかったのもこれまでとは違った采配が明日にどうなるかが興味があります。
日替わり五番は今日で隔離期間が終わったマーティンが明日に二軍戦に出場とのことですから週末のカードから復帰となれば明日が最後となり、そしてマーティンと入れ替わりで落ちるのは誰になるのか、自分的には札幌に連れて行くとは思っていなかった今日も2三振の安田です。

益田は大丈夫か

自身の引き分け記録を更新した益田は無難に三者凡退でしたが、先日と同じくまた体勢を崩して仰け反るシーンがありました。
前回ほどではありませんでしたしまたストライクだったので大事には至りませんでしたが、疲れなのか何なのか、気になります。
岩下は終わってみれば6回3失点と試合を作ったと言えなくもありませんがよく続投させたなと、五回で代えるかとも思ったのですがここのところの先発の早めの降板が続いているので我慢をしたのか、結果的にその六回に岩下がきっちり抑えたのは次に繋がるでしょう。
中村稔が2イニング続けての先頭打者にツーベース、送られて一死三塁のピンチを抑えたのはマッチポンプでしかありませんが、ここで抑えたからこその同点劇ですのでこつこつ積み上げて居場所を作ってもらいたく、先発よりも中継ぎとして存在感を高めていってくれよと願います。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 11 0
日本ハム 2 1 0 0 0 0 0 0 0 3 8 0

◆8月24日(火) 日本ハム−千葉ロッテ11回戦(ロッテ6勝2敗3分、18時30分、札幌ドーム、4,934人)

▽本塁打 野村4号(岩下)

▽バッテリー
千葉ロッテ 岩下、中村稔、益田—加藤、田村
日本ハム バーヘイゲン、井口、宮西、堀、B.ロドリゲス、杉浦—清水

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村