同期競演

藤原と山口の同期競演で逆転勝ち、昨日の引き分けの意義を大きくしてくれました。
連日の遅い仕掛けにイライラしましたがそこまで好投していた先発を攻略したのが喜ばしく、またリリーフ陣を攻めての追加点も大きかったです。
藤原もそう、山口もそう、外連味もなく思い切り振り切っているからこそ飛距離が出るわけで、藤原は前日に止まった連続試合安打がまた始まる3安打猛打賞で3割に近づき山口は2割に乗せたい、そして二人とも二桁アーチは来季以降への足掛かりになるので是が非でも達成してもらいたいです。

安田をどうする

一方でファンもチームも求める一発で山口に並ばれた安田は今日はマルチ、しかし守備固めで早々と途中交代となりました。
一打席目のヒットは高めではありましたが外のボールを上手く叩いて安田らしい打球も引っ張った二打席目はどん詰まりの内野安打、引っ張りを意識すればああいったバッティングになってしまうのでしょう、それで我を見失った井上にどこか似ています。
引っ張った豪快なアーチは見栄えはしますが適性が無いのにそれを求めれば袋小路になってしまうだけで、その性格的なものも併せて安田にそれを求めるのがいいのか悪いのか、まだ結論を出すには早いようには思いますがフォームさえ固まらない4年目ですので悩み深いです。
そのガタイとは違って巧みなバットコントロールを見せることもありますしボールを見過ぎるぐらいの姿勢からも六番あたりでスイーパーを目指すのもよいのではないかと、どちらにしてもグリップの位置を上げたり下げたりしているようではレギュラー確保すら難しいでしょう。
さて藤原、あれだけ左腕にからっきしだったのにここにきてガツン、ガツンと、そもそも高めのストレートが大好きですしそのストレートをヒットする確率が高いので実はあまり右左は関係ないのかもしれず、それでいて変化球には上手いバットコントロールの技術もありますのでわくわく感しかありません。
そしてまた最後の守りだけだったエチェバリアはどうしたんだろう、代打に出てこなかった角中は起用の変化なのか、謎の魚です。

東妻でゲッツー

小島は五回途中の実質KOで、規定投球回がさらに遠ざかりました。
明日が休みなので早めの継投は正解ですが先発であれば最低ノルマの五回を投げきれないのはさすがに、102球も多すぎです。
もっともそれほど内容が悪くもなかったような、適当にばらけるのはいつものことですし、ここぞで甘く入ったところを見逃してもらえなかったといったところか、ストレートの走りもそこそこで緩急も使えていて、うん、難しい投手です。
小島が残したピンチに東妻はいきなり歩かせてため息もゲッツーで凌いだのはどこかで見た光景でマッチポンプが持ち味か、今季はここまでストレートへのこだわりを捨てたようなピッチングで今日もスライダーを多投したのがよかったようで、2年ぶりの白星をきっかけにしてください。
そこからはこれ以外にあり得ない継投で安定の田中に白黒ハッキリしている国吉、お馴染みの佐々木と益田での逃げ切りです。
国吉は行き先はボールに聞いてくれ、のストレートの暴れぶりにキモが冷えましたが、そこからカットボールに切り替えた加藤の判断がナイスでした。
加藤は立ち上がりの小島に例によっての外リードはげんなりでしたが二回以降はそこそこ内を使って、自らが内を突かれて三振を重ねたのが効いたのか、前のカードのようなリードであればまだ打てる田村へのアドバンテージは肩だけになるので初心に立ち返って幅広い配球をお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 0 0 0 0 1 4 1 0 1 7 12 1
日本ハム 1 0 0 0 2 0 1 0 0 4 9 1

◆8月25日(水) 日本ハム−千葉ロッテ12回戦(ロッテ7勝2敗3分、18時、札幌ドーム、4,985人)
▽勝 東妻 17試合1勝
▽S 益田 45試合4敗26S
▽敗 河野 32試合2勝3敗
▽本塁打 藤原5号(河野)、山口6号(河野)

▽バッテリー
千葉ロッテ 小島、東妻、田中、国吉、佐々木千、益田—加藤
日本ハム 加藤、宮西、玉井、秋吉—清水、石川亮

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村