シーズンクーポンは返金されず

来年の展望を考える際にシーズンクーポンの取り扱いについての疑問を球団にぶつけていましたが、その回答がありました。
観客数を制限した制限実施試合となればそこまでの試合数に応じてシーズンシートは返金となりますが、シーズンクーポンは返金の対象外とのことです。
どうやら制限実施試合でもシーズンクーポンは利用できるので返金の必要がない、が根拠のようでいろいろと思うところはありますが、今年のそれではTEAM26特典チケットは一般販売まで利用できませんでしたが来年のシーズンクーポンはシーズンシートオーナー優先販売でこそ使えませんがTEAM26優先販売ではOKとのことで、週末は厳しくも平日であればバックネット裏もキープできそうなので同意、今年もプレミアムゴールド会員を維持することにしました。
昨今の状況からすれば暖かくなってもフル観衆になるとも思えませんが無観客、あるいは5000人ということも無いだろうと、無事な春をただ待つのみです。

石垣島は不明

一方であと一ヶ月ちょいとなった春季キャンプは14年目の石垣島との公式発表はありましたが、その詳細は不明なままです。
ハッキリとしているのは井口監督の実戦重視が変わらないことで、今春よりもさらに1日短くなった日程は僅かに12日間となれば休日や初日最終日の時短日も含めてですから実質的には一週間程度ということなのか、打ち上げの翌日には沖縄本島で楽天との練習試合が組まれています。
さすがにチーム全体が移動するだけの受け入れ先キャパがあるとは思えませんので例年どおりに二軍は以降も石垣島に残るのでしょうが現時点では一二軍別の日程は明かされておらず、また観客を受け入れるのか、阪神や巨人が発表したような人数制限やメイン球場のみという措置があるかも分かりません。
もし人数制限があるにしても当日に現地で早い者勝ちなんてことはないでしょうから事前登録、であってもどこかが抽選で外れて歯抜けのような旅程はありえませんし、主にサブ球場を中心に巡っていた自分的にはメイン球場のみとされてしまえばモチベーションがだだ下がりになるでしょう。
とにかく早く決めてもらわねばいくら老後は自由が利くにしても航空券や宿の手当てが間に合いませんので、遅くとも松の内明けにはお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村