左うちわは久しぶり

相手がオリックスであっても油断は禁物、そう思いながらも五回を終わったところでの10点リードはさすがに気が楽になりました。
これだけの左うちわは久しぶりで、そもそも二桁得点がようやく今季二度目で前回のそれがあれでしたから余裕があるわけもなく、今季の初めてでしょう。
それでも序盤はとてもそんな心境にはなれない重苦しい雰囲気だっただけに、前日の負けに等しい引き分けのダメ押しにならずに助かりました。
こうなったら「オリックスには負けていない」を月曜日のタイトルにできるよう勝ち続けてもらいましょう、大坂夏の陣は東が勝つのがお約束です。

河野コーチのゲキに応える

三回までは得点どころかヒット一本も打てず、まともにバットを振ることすらできていなかったところで、四回が始まる前に円陣が組まれました。
見間違いでなければ河野コーチがかなり険しげな表情でそれなりに長い時間をかけてゲキを飛ばしていたようで、それが狙い球の指示だったのか心構えのようなものだったかは分かりませんが効果はさておき直後に鈴木を攻略しましたので選手はそれに応えたことになります。
そもそも試合中にその姿を見ることすらマレだっただけに鈴木が突然に制球を乱しての自滅、ストライクを欲しがって甘いところに入ったにせよ十八番の畳み掛けを引き出したのであれば喜ばしく、今後も出し惜しみをせずにお願いしたいものです。
そんな打線はこのタイミングでレアードが腰の軽い張りでの抹消は大相撲の休場かよ!の突っ込みはさておき、なかなか調子の上がらない福田秀を九番に、途中出場でヒットを重ねてきた角中を核弾頭にした打線が上手くはまってくれました。
こちらは角中かよ!で始まった中村奨の変態ヒットから始まり安田が四番の貫禄で先制タイムリーツーベースを放ち、そして菅野が豪快な一発です。
菅野は左腕にも安田と同じく強く叩いてのタイムリーを放ちましたから明日の左腕にスタメンで起用してもらえるか、角中や福田秀との天秤が注目されます。
今や安田とともに期待の星となる菅野ですので、安田がふくらんだ走りで走塁死しようともそれが学びであればよしと同じく、左腕の経験を積ませましょう。
柿沼がプロ初マルチに福田秀も左腕からタイムリースリーベースとお祭り騒ぎ、は左澤が名前負けをしているだけな気がしなくもありませんがそれはそれとして福田秀には潔さを捨てて欲しい、粘りのかけらもないそのスイングではなかなか率は上がらずに九番から這い上がるのは厳しそうです。

小島は気が付けば勝ち頭

そんな打線の援護にも助けられて小島が6回4安打1失点で3勝目、種市、岩下と並んでチーム勝ち頭です。
立ち上がりを慎重に、との本人のコメントがレポートされていましたが吉田正を、味方が先制をしてくれたその直後にジョーンズを歩かせたりボークをかますなどふらふらしかけましたが、西村監督が苦笑いの珍しくもロッテ寄りなジャッジにも助けられました。
大量リードでも南を2回も投げさせる必要はなかったので七回まで投げて欲しかったですが105球では無理筋、それだけ球数が増えてしまうのが小島の弱点なのですがそれでも今日はゾーンで勝負ができていたので、ファールで粘られるのは仕方がありません。
打てそうで打てない、小島らしさは出せたのではないかと、昨季ほどではないにしても左打者に苦労はしましたが低めを丁寧に突けていました。
見た目もスタイルも違いますがのらりくらりと抑えていく、打線の援護が無ければつらいですが水谷二世で二桁を目指しましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 0 0 0 4 7 0 1 0 0 12 11 0
オリックス 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 6 0

◆8月5日(水) オリックス−千葉ロッテ8回戦(ロッテ7勝1分、18時、京セラドーム大阪、4,120人)
▽勝 小島 7試合3勝3敗
▽敗 鈴木 7試合1勝3敗
▽本塁打 菅野2号(鈴木)、井上9号(荒西)

▽バッテリー
千葉ロッテ 小島、南、成田—柿沼
オリックス 鈴木、左澤、荒西、吉田一、齋藤—若月、松井雅

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村