左にマーティン

ここまで打線を引っ張ってきたレアードにやや陰りが見え始めたところで、さりげなくヒットを重ねてきたマーティンにギアが入ってきましたので打線全体としてはまだまだ3割に近い打率を誇る楽天に押され気味にはなりますがホームランはリーグトップなわけで、先日の大敗があるにせよ得失点差がわずかに+5で貯金6ですから投手陣の踏ん張りにここぞの一発、鈴木大と涌井にやられはしましたがそれほどに悪い流れでもありません。
今日は岩下が先制の直後に追いつかれるなど点の取られ方がイマイチでしたしストレート、変化球とも高めに浮きがちではありましたが、自慢のストレートに威力がありその高めで詰まらせることができて持ち味を発揮できたのではないかと、できればもう1イニング投げて欲しかったですが開幕2連勝は立派です。
柿沼も盗塁を刺して立ち上がりの岩下を救い、またぶつけてもいい、歩かせてもいいとばかりに浅村の内を突くなど田村に目を覚ませて欲しいリードを見せて、ただその柿沼にしても鈴木大への攻めがあまりに甘く、ファーストにヘッドスライディングをするなど乗せてしまえばやっかい極まりない存在であることは分かっているはずなのですからむしろ鈴木大にこそぶつけるぐらいのリードをすべきでしょう。

打線は中村奨が3安打猛打賞に井上が一発に押し出しで3打点と下位のクリーンアップが今日も機能をしましたが、マーティンの流し打ちが今日のMVPです。
前の打席に一死満塁でゲッツーを食らっていただけにレアードが敬遠気味に歩かされたことに思うところはあったはずで、左腕に逆らわずにあのコースに打てるようであればもっと率は上がってくるでしょう、昨季も発作的に左方向への打球が飛ぶようになったときがありましたが長続きはしなかっただけに、3試合連続アーチと長打力はレアードに勝るとも劣らないのですからそこに柔軟性が加われば鬼に金棒です。
清田も安田や福田光とは違って日替わりでない三番の仕事をできているのも地味に大きく、追いつかれた直後の勝ち越しタイムリーは執念の右方向でした。
流れとして気掛かりなのは藤岡の低打率で、あれだけ開幕前に打ちまくっていたものが引っ張る意識はありながらもなでるようなスイングが目立ちます。
八番捕手がバント枠とすればチャンスが巡ってくることが多いだけに、安定していた守りもここにきて拙さが出始めて今日もリクエストを乗り切ったものも含めて2つのやらかしは試合を壊しかねなかっただけに、ベンチには藤岡のためにも打撃好調ながらも悪送球で即交代となった太田のような厳しさが欲しいです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 0 2 1 0 3 1 1 0 0 8 10 1
楽天 0 2 0 0 1 0 0 0 2 5 11 1

◆7月2日(木) 楽天−千葉ロッテ3回戦(楽天2勝1敗、18時、楽天生命パーク、0人)
▽勝 岩下 2試合2勝
▽敗 塩見 2試合2敗
▽本塁打 井上2号(塩見)、ロメロ4号(岩下)、マーティン3号(辛島)

▽バッテリー
千葉ロッテ 岩下、田中、ハーマン、ジャクソン、益田—柿沼
楽天 塩見、宋家豪、辛島、津留崎—太田、山下

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村