今のうちに喜ばせておけ

前日の鈴木大に続いて今日は涌井にしてやられて、しかも鈴木大には3安打猛打賞ですから発狂するかと思いましたが、意外に冷静な自分がいたりします。
短縮ではあっても長いペナントレースに来季以降もありますし、今のうちに喜ばせておけ、どうせロッテでは居場所が無かったのだからよかったね、です。
涌井を同一リーグに出すこともなかったとは思いますが楽天がしこたま払ってくれたのでしょうし、それがマーティンの残留資金になったのかもしれません。
古くは弘田や成本など外様になったからこそ奮起できたわけで残った選手はつまりは勝ち抜いたわけですから、その選手が頑張ればいいだけの話です。

ただ負け方があまりに悪いのは何とかしてもらわねば、これで8試合続けて初回得点か失点は立ち上がりの大事さを考えるにこれほどのものはありません。
ゾーンのボールの出し入れで勝負をする小島があれほどコントロールを乱してしまえばどうにもならず、二回以降は抑えたようには見えましたがどちらかと言えば打ち損じが多かった、はそれを誘引するのが小島のスタイルではあるにせよ、最後までばらつきが収まらずに5回途中80球での降板は前日の二木に続いて中継ぎ陣には酷すぎますし、その二木があっさりと抹消をされたことからしてどこぞに違和感で西野パターンにならないことを願うばかりです。
西野の離脱で七番手に昇格をしたのであろう有吉が二木と入れ替わりましたが今日の2イニングは二木の穴埋めへの試運転を兼ねてのものではないかと、中継ぎもできますがここまでずっと先発として調整をしてきて二軍でもそうでしたから、そうなれば苦手な西武が相手になりますがとにかく頑張ってください。
打線はじわじわと追い上げましたが最終回の無死一二塁を攻めきれなかったのが十八番を思い出させて、それでも角中は走者を進めるバッティングはできましたしプロ初ヒットにマルチの福田光もしっかりと振っていましたのでそこは前向きに、一発逆転の夢が霧散したレアードが5タコでしたので仕方がありません。
入れ替わるように長打が出始めたマーティンと噛み合えばいくらでも逆の展開に持ち込めますので、6連戦ですから終わったところで勝ち越せばOKです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 0 0 0 2 0 0 0 1 0 3 10 1
楽天 4 0 0 0 1 0 0 0 X 5 9 0

◆7月1日(水) 楽天−千葉ロッテ2回戦(楽天2勝、18時1分、楽天生命パーク、0人)
▽勝 涌井 2試合2勝
▽S 森原 4試合1勝2S
▽敗 小島 2試合1勝1敗
▽本塁打 浅村5号(小島)、マーティン2号(涌井)、茂木1号(小島)

▽バッテリー
千葉ロッテ 小島、東條、有吉、小野—田村、佐藤
楽天 涌井、牧田、シャギワ、ブセニッツ、森原—太田

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村