またマーティンが消えた

昨季に続いて、大事な秋口にまたマーティンが離脱です。
先日に自打球を当てた右足は中間楔状骨骨折とのこと、聞き慣れない箇所ですがどうやら足の甲の一部のようです。
球団からの発表がまだ公式サイトにありませんので完治までの思惑が読めませんが、普通に考えれば今季絶望の覚悟が必要でしょう。
必ずしも調子がいいわけでもありませんでしたがここぞで一発の破壊力が打線から欠けるのはかなり痛く、落合以来の本塁打王もこれで無くなったのはレアードにバトンタッチするにせよ、そのレアードが打線で孤立するリスクも出てきて、ここのところ打線全体が低調なだけにショックは大きいです。

さてどうする

そうなればライトの穴を埋めなければなりませんが、自分的には今度こその和田です。
大砲が抜けるのと真逆で矛盾もありますが打線を支えているのは長距離砲だけではなく足技との両輪で、そちらを強化するのも一つの手でしょう。
藤原の調子もイマイチなのがあれですが思い切りに振るという恐怖感を相手バッテリーに与えるというところで五番に回して、二番和田を推したいです。
現実的には昨日がそうだったように山口なり角中なりを守らせることになるのでしょうし、こと盗塁王というタイトルだけに限れば和田にとっては今のポジションが最適なのかもしれませんが、マーティンもいつまでチームにいてくれるかも分かりませんので先々を考えれば検討の余地はあるはずです。
また菅野と高部は日数が足りず外野陣はそのままで代わりに唐川となるのでしょうが、外野も守れる平沢の選択肢があるのか、明日の公示が待たれます。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村