三発に沈む

このカードで初めてリードをしたかと思えばここまで抑えてきたリリーフ陣が打たれての逆転負け、噛み合わないままに1勝もできませんでした。
勝利の方程式に仲間入りをした佐々木千がスクイズを決められて唐川はど真ん中への失投となればやることはやっての結果ですので諦めるしかないのですが、しかしビシエドあたりならまだしも本前が食らった二発もそうでしたがいずれも今季初アーチとなれば悔しくはあります。
とは言え3試合で7失点ですから責任の大半が先発を攻略できなかった打線にあるのは明らかで、これが超絶貧打線への逆戻りでないことを願うばかりです。

本前はベストピッチ

本前は二発を浴びはしましたが打たれたのはそれだけの4回2安打2失点ですので、プロ入りからのベストな投球でした。
堂上には上手く打たれて仕方がないにしても井領には高めに入ってしまったストレートが惜しくはありますが、そのストレートの走りは悪くなかったですし初見のアドバンテージがあるにしても持ち味を出せたのではないかと、コントロールも本来のものだったように思います。
DHであれば五回以降も続投だったでしょうから石川に時間がかかるとのことですので次もチャンスがあるでしょう、この調子でお願いします。
二番手の中村稔も負けじと2回を1四球のみの零封は4奪三振、こちらは本前ほどではありませんでしたが結果が欲しい立場ですからナイスピッチでした。

左手で押し込むレアード

ややペースが落ち気味のレアードが四番から外れましたが、一時は逆転となるツーランで再点火といきたいところです。
レアードらしいフィニッシュで左手一本になりながらも打球がぐんぐんと伸びていく一発に、福が信じられないような表情をしていたのもよく分かります。
高濱も痛烈なゴロで約2年ぶりの打点はこちらも再点火としたく、安田がスタメンでないのであれば高濱のスタメンも見てみたいものです。
それにしても二番鳥谷は下位であればその下位が弱くなるので、とは井口監督ですが、それほど期待できないのであればなぜ初回の無死一塁でバントをさせなかったのか、その後もなでるようなバッティングでしかなかったのに守備固めも出さずに四打席を与えたのか、PAMS以外に理由を見出せません。
つまりは勝利より優先されるということなのでしょう、試合後のさばさばとしたようにも見える井口監督のコメントに妙に合点がいく負け試合でした。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 0 0 0 0 1 0 2 0 0 3 6 0
中日 1 1 0 0 0 0 1 1 X 4 4 1

◆6月3日(木) 中日−千葉ロッテ3回戦(中日2勝1分、17時45分、バンテリンドーム、6,205人)
▽勝 祖父江 24試合1勝2敗5S
▽S 又吉 29試合1敗5S
▽敗 唐川 26試合3勝2敗
▽本塁打 堂上1号(本前)、井領1号(本前)、レアード12号(福)、大島1号(唐川)

▽バッテリー
千葉ロッテ 本前、中村稔、佐々木千、唐川—佐藤都、江村
中日 勝野、福、谷元、祖父江、又吉—木下拓

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村