コリジョンで引き分け

厳格適用派の自分からすれば明らかなコリジョンでしたが、スローを見れば一連の流れと解釈されそうなプレーではありました。
当然にリクエストを要求した井口監督に審判団が協議に入りましたが、この手のものでジャッジどおりであれば説明をしないケースが大半なのでマイクを握った時点でコリジョン適用を確信、最後のプレーだっただけにそのままかとも思っていましたからナイスな判断をしてくれて喜ばしいです。
木下拓が左膝を浮かせていればおそらく適用されなかったような、ベース前のライン上に膝を付いていたことでさすがに走路妨害と見なされたのでしょう。
それでも中日ファンからは判定に怨嗟の声が上がっているようで、ただそれよりも拙攻を叩く声の方が大きく、そんな敗戦必至からの粘りの引き分けでした。
ちなみにヘッスラ否定派でもある自分からすれば返球を見て回り込む有用性を放棄して正面からいった中村奨にはリスクしか感じられず、頭からいったからこそ妨害感が高まってのコリジョン適用だったのかもしれませんが、どうにもこのヘッスラ隆盛がいつか大事故に繋がりそうで怖くてなりません。

岩下はごく普通

岩下の6回2失点はストレートが走りまくった抜群のピッチングだったわけではなく、かと言ってコントロールが乱れての苦しさがあったわけでもなく、ごく普通の岩下がごく普通に投げればこれぐらいは抑えられるというごく普通のピッチングだったように思います。
ただ五回を除いた全てのイニングで先頭打者にヒットを打たれて得点圏に走者を背負ってのものでしたので、粘りはピカイチでした。
それであれば最初から抑えろよと言いたくもなりますが初回こそ送ったものの二回から四回までただ打たせて、岩下が降板後の八回もそうでしたからこの与田監督のいけいけに中日ファンの鬱憤が溜まったものと思われ、裏返せばロッテとしても岩下としても助かったことになります。
岩下にはストレートが高めに浮きがちでフォークも制御しきれなかった中でのこのQSは8安打と打たれすぎではあるものの自信にもなったのではないかと、一方で五回の三者凡退があったからかもしれませんが珍しくもビハインドで2打席目を与えた次のイニングに失点したことが今後の継投に影響を及ぼしそうです。
地味なところではありますがそれぞれ四球はありましたが追加点を許さなかった佐々木千、横山、三者凡退で締めた益田もきっちり抑えてくれました。

チェンジアップを何とかしろ

打線は前日のビデオを見るかのように三回までパーフェクトに抑えられて四回の中村奨の四球が初の出塁、五回にようやく流しての初ヒットと小笠原の手のひらの上でころころと転がされて、やはり前日と同じくストレートとチェンジアップのコンビネーションにからっきしでした。
王道の攻めではあるのですが柳ほどには伸びが感じられなかった小笠原のストレートを捉えきれず、チェンジアップにはタイミングを外されて、そういう意味では荻野が絶妙なところに決められてもうダメだと思った又吉の持ち球にチェンジアップが無かったのが幸いしたとも言えます。
明日の勝野もストレート、スライダー、フォークというスタンダードなタイプのようですから、こちらが本前なだけに今度こそ打線の援護をお願いします。
そんな中で貴重なチーム初ヒットに同点とする2点タイムリーでマルチヒットの角中には感謝の言葉もなく、守りももうちょっと前向きに頑張ってください。
井上はなぁ、そもそも前日の展開で出番が無かったのに左腕だからスタメンてどうよ、それであれば先日の代打の順番も違ったでしょうしベンチがどうしたいのかがよく分からないのはいつものことで、それ以前にボールを追いかけてしまう今のスイングに先があるとも思えません。
最後になりましたがどうやら前日から名古屋入りをしていたようですが自分には何の前触れもなく一軍に戻ってきた柿沼にはお帰りなさい、不在の間に抑え捕手としてのポジションを江村に奪われて今日も取って代わられたことに危機感を持って、また明日から一つ一つを積み上げていきましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 6 0
中日 0 0 1 0 0 1 0 0 0 2 8 0

◆6月2日(水) 中日−千葉ロッテ2回戦(中日1勝1分、17時45分、バンテリンドーム、6,251人)

▽バッテリー
千葉ロッテ 岩下、佐々木千、横山、益田—佐藤都、柿沼、江村
中日 小笠原、祖父江、福、又吉—木下拓

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村