石川が右肘手術

復帰まで少し時間がかかりそう、とは吉井コーチのブログによる石川の近況でしたが、少しどころの騒ぎではなく今季絶望の覚悟が必要そうです。
右肘関節クリーニング手術での術後1~2ケ月でスローイング開始、全治3~4ケ月との公式見解は例によって見込みではなく希望的観測であれば石川抜きで今後を考えなければなりませんし、目論見どおりであっても来季に向けて最終盤に試運転ができれば御の字といったところでしょう。
スローイングを開始してから全治まで二ヶ月も見ているのも不透明さを増して、石川にとっては大事なFAイヤーのはずがそれも届かずただでさえここ数年のもどかしさに年齢も重なって来季に取得できてもロッテで終わることになるのか、辛い日々になりますが万全に戻ってきてくれる石川を待っています。

ハーマンも消えた

前日に勝利の方程式から外されたハーマンは佐々木千に押し出されたのだと思っていましたが、こちらもどこぞを痛めたのかもしれません。
不安定なピッチングが続いてはいますがエチェバリアの離脱で外国人選手枠の問題が無くなったので抹消するほどのことも無いような、もしそうであれば手術など大事にはならずともやはり年齢的に今季限りが濃厚となりますので一軍に戻っても先々を考えれば重用されなくなりそうです。
代わりにようやくのフローレスは絶好のチャンスでロングもできますし昨季の秋口のピッチングができれば充分な戦力になってくれるはず、同じようなパターンの小野がボロボロですので投げてみなければ分からないところもありますが、ハングリー精神で居場所を勝ち取ってください。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村