左のぶつけ合い

二年連続で勝ち越しはしたものの中盤戦以降は防戦一方だっただけに、両チームとも左打者が多めでかつ左腕のぶつけ合いにもなった連戦でしたし今日などは雨を嫌ったのかやたら早打ちが目立ったりはしたものの、フルメンバーではないにしても開幕カードと同じ相手に負けなかったのはよかったです。
とは言えこと打撃陣からすれば武田や森など一軍クラスが増えてきたことで散発3安打と課題は課題のままで、守備の乱れには森脇コーチがしかめっ面でした。
ちなみにたまたまかもしれませんがベンチが映ったときの工藤監督の脇に立つ小久保ヘッドに対して井口監督、今岡ヘッド、吉井コーチ、森脇コーチが等間隔ぐらいで言葉の届かない距離に立っていたのが気になったりもして、それでいてマスク率が低かったのが何だかなぁといったところです。

鈴木がリベンジ

前回に打たれた鈴木が3回1安打無失点、その1安打も打ち取ったような打球でしたからほぼ完璧な内容でした。
柿沼らしからぬ外一辺倒のリードはここまでと同じですのであるいはベンチの方針なのか、左打者にはそれが極端でしたがその外低めに体全体を使った伸びのあるストレートは140キロ台半ばまで上がってきましたので威力はありそうで、ただ当てられるとそれなりに飛びましたから球質が軽いのかもしれません。
そうなれば高めに浮いたときにどうなるかが見たかったですがそれがほぼ無かったのは見る側からすれば痛し痒しで、またそこだけでは狙われますし逆球で内に入った後の外が有効だっただけに、この極端さは公式戦に向けての意識付けという高等テクニックだったのだと思いたいです。
また河村も鈴木ほどではありませんでしたがやはりストレートに数字が乗ってきてフォークの落差もあり、小野も大丈夫そう、田中のふてぶてしさも健在、と収穫が多い中で逆にカーブは好印象でしたが変化球中心でピリッとしなかった南は打ち上がった二軍に合流となるかもしれません。

野手陣はほぼゼロ回答

野手陣は見るべきところがほとんどありませんでした。
こりゃ今季も他球団がこぞって左腕をぶつけてくるのだろうな、と達観してしまうぐらいにストレートに差し込まれて変化球にタイミングが合わずどうしたものかと、一朝一夕にどうこうなるものではないにしても盛り上がっていた松中臨時コーチの正式就任への機運が萎んでしまいそうです。
そんな中で皮肉にも右打席から加藤が待望の初ヒットを放つも牽制に刺され、藤原をDHに追いやった和田は左腕に手玉に取られ、その対左腕の秘密兵器になるべき岡は守りのみ、ずっと音無しでキャプテンマークが寂しい中村奨、大丈夫か安田、などなど、高知では皆さん頑張ってください。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
ソフトバンク 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1

◆2月25日(木) ソフトバンク−千葉ロッテ2回戦(ロッテ1勝1分、12時30分、アイビースタジアム、0人)

▽バッテリー
千葉ロッテ 鈴木、山本大、小野、南、河村、田中—柿沼、佐藤都
ソフトバンク 武田、森、大竹、奥村、大関—甲斐、谷川原

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村