左腕攻め

岡の頑張りや山口の台頭はあれど打線として左腕を苦手にしているのは今季も変わらないようで、ソフトバンクに続いてオリックスからも左腕攻めです。
開幕前に試練を与えられてそれに対する練習にもなるわけですからある意味でウエルカムではあり、また右打者が足りていないということも理由ではあれど昨季ぐらいからこと打撃陣には左腕に対して打てない右打者よりは打てる左打者を起用する傾向になりつつはあるものの、やはり苦手は苦手のままです。
今日も立ち上がりの山崎福から先制をするも攻めきれず能見にも抑えられて前途多難、これでは他のチームもこぞってぶつけてくることになるのでしょう。

藤岡にはスルー

そんな左腕との対戦が多いということを差し引いても安田の湿りっぷりが半端なく、かなりやばいです。
強く振るということがイコール引っ張りではないのですが巧く流すテクニックが長打の足枷にもなっているところが無いわけではないのでそれも悪くはないのですが、しかし外のボールまで無理に引っ張ろうとするとスイングが遠回りになってボールに力が伝わらず詰まった打球の増産体制に入ってしまっています。
笑顔の山口とは対照的にベンチでの表情も暗いですし、今日も3タコでの途中交代はサードに入ったのが藤岡とはちょっと驚きました。
おそらくは千葉に戻ってスタメンから外されるときの布石だと思われ、前評判ほどではないにしても守備範囲の広さと俊敏な動きを見せてまた打撃、走塁でもアピールをする小川の出番を増やすことにも繋がりそうな、我慢は昨季で終わりですから安田にはハードな試練になるでしょう。
しかしそれを乗り越えてこそですからもがき苦しんでそこから抜け出して欲しい、とは言え突き放して伸ばすタイプとも思えませんのでケアをお願いします。
ちなみに九回一死満塁で犠牲フライも打てなかった4タコの藤岡に対する苦言は現時点で見つけることができず、教育リーグに回された吉田は今何を思う・・・

小島は万全

石川がコンディション不良で離脱したとのことで地元開幕の頭に回るかもしれない小島は、きっちりと結果で好調さを示しました。
どうやらストレートとカーブをテーマにして投げたらしく偏り気味な配球ではありましたが、ボール先行になってもカウントを整えるだけのコントロールは昨季からの成長ではないかと、140キロ前後のストレートでも打者が差し込まれていましたから伸び、キレともにあったのでしょう。
それだけになぜに3回38球で終えたのかが分かりませんが二番手の唐川と同じく明日に開幕でもよさそうな、むしろ順調さが怖いぐらいです。
そして松永が待望の三者凡退という目に見えるものを残せたのが喜ばしく、ここのところの山本大がピリッとしないだけにホッとしました。
土居と小野も順調そうですし、そしてまたしても2イニングのフローレスをどう使っていくつもりなのか、五番手、六番手争いで先行していると見ていた有吉が昨日に教育リーグで何があったか2/3イニングで降板しましたので石川次第では先発へのチャレンジなんてことになるかもしれません。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2 6 0
オリックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0

◆3月3日(水) オリックス−千葉ロッテ3回戦(1勝1敗1分、14時、京セラドーム大阪、3,712人)
▽勝 小島 2試合1勝
▽S フローレス 3試合2S
▽敗 山崎福 2試合1敗

▽バッテリー
千葉ロッテ 小島、唐川、松永、土居、小野、フローレス—田村、佐藤都
オリックス 山崎福、能見、阿部、金田、漆原—伏見、若月

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村