見慣れた光景

つい先日に見たばかりのものをなぞらえるかの様な、そんな見るべきところがほとんど無い、そして見慣れた負け試合でした。
立ち上がりのチャンスを活かしきれずにその後はチャンスらしいチャンスもなく、それでも最後はこれも十八番と自らを慰めるでもないでしょうが追いつかない程度の反撃があっただけでもよい方なのか、いずれも同一リーグが相手というのがイヤらしくもあります。
とは言え特効薬はありませんから地道に戦力を整えていくしかなく、早々の来日に実戦と順調にも見えていたレアードがどうやら開幕が危うい状況らしくまた井上にまた無茶振りが見えてきたことからしての四番山口、枠撤廃の先兵としての小川、などなど、若い力を上手く使っていきましょう。

若手あれこれ

山口はそろそろデータが揃ってきたのか外に逃げていくボールで攻められてバットが湿りがちになってきましたが、今日もそうでしたがその外のボールに当てにいくのではなくしっかりと振りにいっていますのでそこは一安心、本人がその姿勢を崩さない限りはベンチには使い続けてもらいたいです。
あのコースは慣れの問題が大きいと思われ、見極めるなりファールでカットするなり、はたまた手前で捌くなり、考えて乗り越えていくしかありません。
小川はノーヒットでしたがこちらも左腕に対して捉えていましたしやはり振れているうちは大丈夫でしょう、守りでもアウトにこそなりませんでしたが追いつくところまではできていますのであともうひと乗せ、もう少しだった走塁と併せて走攻守でそのひと乗せが大変ではあるのですが期待感はあります。
そんな山口に四番を奪われた安田、小川に上位を明け渡して九番だった藤原はともにヒットは出ましたが飛んだところがよかっただけだったりもして、ベンチの思惑としてはこの二人に打線を引っ張らせたかったのでしょうがここのところの低空飛行ですから一度外した方がよいようにも思います。
安田などはその性格からして内にこもって逆目に出そうな気がしないでもないですが無用な我慢は本人のためにもなりませんし、藤原も高部が結果を残していますから代わりがいないわけでもなく、出たばかりの山口や小川とは違って両選手ともにその時期は過ぎていますので厳しさも必要でしょう。

一呼吸とでも思うか

地元開幕を任されるのであろう小島はこれまでで一番に悪かったと自省していたようですが、実際に悪かったです。
逆球がとにかく多く、その勝手なイメージとは違ってコントロールに課題があるにしてもあれでは田村もどうしようもなかったのではないかと、その逆球で結果的に空振りを奪えたなんて皮肉なところはありましたが、あれは中田らしい上手い拾い上げではあったにせよ二死からの四球にあの失投は痛すぎました。
それでも5回3失点にまとめたのが成長なのか、詰まらせることはできていましたし、ここまでが好調すぎたので一呼吸とでも思うことにします。
また大事には至らずも風があるわけでもなく妙な回転がかかっていたわけでもないでしょう、何でもないフライを落球した柿沼には猛省を促します。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 0 1 0 0 0 0 0 0 1 2 4 1
日本ハム 2 0 0 1 0 0 0 0 X 3 9 0

◆3月16日(火) 日本ハム−千葉ロッテ1回戦(日本ハム1勝、18時、札幌ドーム、5,295人)
▽勝 河野 3試合1勝1敗
▽S 杉浦 5試合1S
▽敗 小島 4試合1勝1敗
▽本塁打 中田4号(小島)

▽バッテリー
千葉ロッテ 小島、田中、ハーマン、益田—田村、柿沼
日本ハム 河野、長谷川、宮西、杉浦—清水、宇佐見

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村