打てる捕手

外付けHDDが認識をしなくなったことでHDDが悪いのかRAIDケースが悪いのかの切り分け、HDDが壊れたっぽいと当たりをつけてそこから交換、バックアップからの復旧と、データ量が多いこともあって復旧に6時間近くもかかってしまいヘロヘロです。
そんなときに黒星でダメを押されずに助かりました、負け越しにはなりましたが連敗を止めて少しは気持ちが楽になって次に臨めます。
イヤな流れでしたが佐藤がプロ初アーチ、ダメ押しのツーベースとバットで目立ったのは打てる捕手、分母が小さいので今のところは打てそうな捕手とした方がよいのでしょうが、チームとしては目先の1勝よりもその可能性がさらに広がったことが何より大きいでしょう。
これで田村を差し置いて出番が増える、とはならずも井口監督であれば柿沼よりは上に置きそう、佐藤にはチャンスですのでがっつり頑張ってください。

外崎ありがとう

前の試合で痛い目に遭わせてくれた外崎が、今日はその裏返しのようなプレーを連発してくれました。
初回の無死一二塁のピンチではホームベースの側というこれ以上にないところへのバントでのゲッツーはアップアップな岩下の立ち上がりを助けてくれましたし、その岩下が五回に同点被弾を浴びた後に内野安打で出塁も釣り出された形での走塁死は記録は盗塁死になりましたがこれで流れが変わったとは結果論ではあるにせよ、しかし直後に平井が炎上をしたことからして西武からすれば悔やまれるミスだったでしょう。
そんな外崎に救われた岩下はらしいと言えばらしいばらけたかと思えばフォークが低めに決まるなどつかみ所の無いピッチングで、悪くもなかったですが次に期待ができるというほどでもないのが何とも微妙、とにかく球数が多すぎます。
小さくまとまるよりはいいですが調子のいいときに多く見られる右足を高く上げるフォロースルーも少なかったですし、白星から遠ざかっていたことでもし気持ち的に腕を振り切れていなかったのであれば今日で吹っ切って欲しい、佐藤のリードももう少しベース板を広く使って欲しかったりもしましたが、それでも5回4安打2失点に抑えたのですからもっと自信を持って投げれば球数も減るのではないかと思います。
登板間隔が空いていた勝利の方程式はハーマン、益田が失点も常に抑えられるわけではありませんのでこういった試合でのガス抜きはむしろ前向きに、そういう意味では実況、解説ともストレートとしていたカットボールが今日も元気だった唐川がいつ破裂するかが怖いかなと思わないでもありません。

8試合ぶりの二桁安打

今日も組み替えた打線は久々の二桁安打でしたので成功だったと言ってよいのか、四番安田を除いて総入れ替えでした。
ただ入れ替えとは言っても顔ぶれはさして変わらず左腕から右腕モードになっただけではあり、そんな中で核弾頭の加藤がマルチヒットは喜ばしいです。
もっとも総じて右肩下がりですので同じメンツであれば誰をどこに置こうがあまり意味はないと思ったりもして、またそれにより打順に意味を持たせない五番中村奨のバントが気に入らないのは個人的な嗜好ですが、とりあえず気分転換にはなったのでしょう。
佐藤とともにお立ち台となった死球アピールの空振りが結果オーライのマーティンは狙ったというよりは少し差し込まれたことでの逆方向にあれだけの飛距離はさすがとしか言いようがなく、二発目や先日のそれとで敵スコアラーには「中段から上段のマーティン」が印象づけられたのではないかと思います。
その他ではお返しのように初回の無死満塁でゲッツーを食らった安田はそれでも四球を選ぶなど地味に連続試合出塁を続けて和田も途中出場から1安打1盗塁、この同期二人がチームを引っ張る構図をいかに作り上げていくかが後半戦の課題ですし命題だと考えます。
そんなこんなでこれで貧打から抜け出せたなどとはそれこそ皮算用ですが少しは上を向けるでしょう、またどんな打線を組むかで楽しませてください。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
西武 0 0 0 0 2 1 0 1 1 5 11 2
千葉ロッテ 0 1 0 1 5 0 0 1 X 8 13 0

◆9月3日(木) 千葉ロッテ−西武14回戦(西武9勝5敗、18時、ZOZOマリン、4,948人)
▽勝 岩下 10試合4勝4敗
▽敗 平井 27試合5勝3敗
▽本塁打 佐藤1号(平井)、金子1号(岩下)、マーティン18号(平井)、19号(田村)

▽バッテリー
千葉ロッテ 岩下、東條、唐川、ハーマン、益田—佐藤、田村
西武 平井、齊藤大、田村—森

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村