お得意様に叩かれる

相性なんてものは年を跨いで顔ぶれが変わればリセットされるものでしょうし、そもそもほぼ勢いだったりもします。
それでも一方的な負けが続けば心理的なダメージが残りますのでそれが次なるプレーに微妙な影響を与えることはありそうな、だからこそ昨季の好ダッシュの生け贄として史上初の6タテを食らわせるなどカモにしたオリックスにはイヤな雰囲気を残したかったところが逆にしてやられた今季初対戦でした。
オリックスファンが欣喜雀躍しているであろう太田の先制アーチに紅林の二発、さらには途中出場のルーキー来田もマルチヒットと話題を提供してしまい、これまで宗にしても宜保にしても我慢をしきれなかったところを中嶋監督で変われば逆にカモられてしまいそうな不安が頭をもたげます。
それでもメロメロだったのは岩下と南だけですし開きがちなスイングが気にはなれど負けじと山口が2安打2打点と奮闘して、こちらもそこそこ収穫ありです。

岩下は持ち直せるか

二軍キャンプが打ち上がってからと思っていた石垣島からの合流が、宮崎に移動のタイミングでぱらぱら始まりました。
先発の石川は「内容はよかった」と打たれたときの常套句の2回3安打ながらもボールの走りを意識してのピッチングだったようですから、150キロ台は数字が出すぎていたようにも思えますが実質140キロ台半ばから後半のストレートを投げられたのはよかったのではないかと思います。
田中も本格的な復帰に向けてこの時期に実戦で投げられただけでも上出来ですし、小野も二年目のジンクスに立ち向かうべくまずまず無難なスタートです。
そんな中で岩下の乱調は昨春も出ては打たれての繰り返しから西野の故障離脱による棚ぼたで波に乗りましたが、今季もとはいかないかもしれません。
何より当然に先発ローテーションが決まりだと思っていたところで吉井コーチが残り2枠としていることからして、それだけ状態が上がっていないのでしょう。
またここまで古谷が投げていないのも気にはなり、まさか中止を嫌って石垣島に送り返されたわけでもないでしょう、明日に登板があることを願います。

今度こそ岡は輝けるか

野手では福田秀が合流しましたが、確度が低そうな腰の入らないスイングは変わっていませんでした。
井口監督の言葉ですから額面どおりには受け取れませんが藤原の台頭と重用で「レギュラーを獲る立場」なのはそうなのでしょう、当然ではあります。
そういう意味では止まりかけたと思ったところから再点火の岡が3安打猛打賞に積極的な走塁でアピール、井口チルドレンの一人だけに出番が増えそうです。
その積極的な走塁とは裏腹に時折にやらかす大ポカをどう減らせるか、また昨春も打ちまくりながらも開幕後の起用を間違って勢いを失っただけにベンチが今季は上手く使えるかにかかっていそう、これを開幕まで維持できれば清田枠にはまるのは岡になるかもしれません。
そして佐藤都、和田に待望の今季初ヒットが、そして小川が地味に打ち続けているので前評判どおりの守備を取り戻せれば面白くなりそうです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 0 1 0 0 0 0 3 0 2 6 9 2
オリックス 1 0 5 0 4 0 0 0 X 10 13 2

◆2月23日(火) オリックス−千葉ロッテ1回戦(オリックス1勝、13時、SOKKENスタジアム、0人)
▽勝 田嶋 1試合1勝
▽敗 岩下 1試合1敗
▽本塁打 太田1号(石川)、紅林1号(岩下)、2号(南)

▽バッテリー
千葉ロッテ 石川、岩下、田中、南、東條、小野、佐々木千—柿沼、佐藤都
オリックス 田嶋、荒西、山田、黒木、K-鈴木、金田、吉田凌—頓宮、若月

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村