有吉ナイス

有吉は有吉でも有吉優樹ではなく、お笑いタレントの有吉弘行です。
巨人に移籍した中田に対して「まあ、反省して頑張ってもらうしかない」としながらも、「木下さんもペットボトル投げつけた後すぐ太田プロ来ればよかったんだよな。すぐ出れるだろ、別に謹慎しなくても。宮迫さんとかもそうじゃないの?闇営業して次の日、太田プロ来てたらもう出れたじゃん。中田翔システムだったら。後輩ぶん殴っても球団移ったら出れるって」とラジオ放送で語ったとのこと、まさにそのとおりです。
タブロイド紙や週刊誌系では批判の記事もありますがスポーツ紙が押し並べて美談化に足並みを揃えているのが気持ち悪く、栗山監督の「恩返し」も意味不明ですし、ある意味で不可侵な存在である長嶋を引っ張り出す巨人もイヤらしい、何も発しないコミッショナー、NPB、選手会は言うまでもありません。
それこそこれで中田の活躍による巨人の日本一とかになったらオフに「中田、奇跡の足跡」とかの特番でもやりそうな勢いで、野球で取り返すしかないとか言ってるOBだかもいて、それらがムラ社会の独りよがりで都合のいい理由付けであることが分かっていないのが哀れでもあります。

清田は何を思う

もし移籍先が巨人ではなく例えばソフトバンクで同じことをやったら、こんなことにはならなかったでしょう。
あるいは中田ではなく清田であっても然りで、球界の盟主を気取る巨人と優勝に向けての戦力となりえる中田の組み合わせであってこそです。
倫理的に許されず内規を守らなかった清田ではありますが法を犯したわけではなく、一方で中田は井口が被害届を出せば法の裁きを受ける立場です。
清田からすれば思うところもあるでしょうし、なぜかその清田を推しているG.G.佐藤が「清田もいますよ」とアピールしたくなるのも当然でしょう。
清田を庇うつもりもありませんがこの中田の動向を見れば不憫ではあり、力があれば何でも許される世界なんだなと、チームメイトだから遠慮をしたのであろう井口がここから被害届を出さないかなと思ったりもして、そして置き去りにされている日本ハムファンが可哀想でもあります。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村