2020年通信簿 120 本前郁也

120 本前郁也 投手 23歳 年俸300万円

【2020年成績】 E 11試合 2勝0敗0S 防御率2.56 38回2/3 40被安打 3被本塁打 9与四球 1与死球 38奪三振

育成枠契約ながらも見事なルーキーイヤーで、ドラフトでは本契約もと言われていましたので本人としては当然と思っているかもしれません。
鎌ケ谷では同じ育成枠の森も見ましたが規定投球回に達したその森よりもピッチングが上とはまとまりが感じられて、逆に言えばそのまとまっているところが悪い意味での落ち着きに繋がっているようにも見えたのが正直なところではあり、どこでもいいので何か突出した武器が欲しくはあります。
それでもそのピッチングにめっけものと喜んだりもして、二木岩下のときほどのときめきは無くも早い段階での支配下選手登録は充分にあるでしょう。

先発で勝負させたい

そうなれば先発かリリーフかと先走りたくもなりますが、自分的には先発ですし、ベンチもそう育てようとしています。
短いイニングで爆発的に、といった武器が無いというのもありますが長いイニングをまとめられるだけの投球術が備わっているように思います。
秋の宮崎ではさらに球速を増して150キロ近いストレートを投げていたらしいですが、鎌ケ谷での140キロ台前半でも凄みはありませんがキビキビとした投球動作にそのストレートに首を振って緩いボールを投げるなどいろいろと考えているところが垣間見られました。
左の先発となると小島の台頭に土肥、中村稔、そしてルーキー鈴木とライバルは多いですが一足飛びに小島はともかくとして中村稔らと争うにはさほど時間がかからないのではないかと、もちろんお試しでの敗戦処理はあるでしょうが一軍デビューは先発で見たいと思わせてくれた本前は要チェックです。

【オリオン村査定】 300万円 → 300万円 (±0%)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村