千葉で1000勝

千葉移転からの通算1000勝に達しました。
逃げ切れるかと思っていた雨に最後に降られて、帰りは雷にも遭って散々でしたが、区切りの場に立ち会えたのは思い出になります。
難敵の高橋を攻略しての5連勝でやっとオリックスが負けてくれたのでゲーム差は1.5と面白くなってきました、明日も一気に屠りましょう。

久しぶりの七回続投

お立ち台でパネルを渡したのは新生姜の社長だったのか、相手が岩下でなかったのは残念だったでしょうが美馬がナイスピッチングでした。
久しぶりのスタメンマスクの田村は加藤と言われても分からないリードでしたが早打ちにも助けられて、しかしそれもゾーン勝負だったからでしょう。
ストレート、スライダー、フォーク、カットボール、カーブ、シュート、チェンジアップ、文字どおりに七色の魔球といったところです。
さすがに6回60球での交代は無く続投も七回に失点での79球はもう一声いきたかったですが、ハーマン、東妻と勝利の方程式を使わなかったのは4点リードと山賊を相手にセーフティーとは言い難かったので新機軸であればよし、連勝で過負荷気味の勝利の方程式にはいい休養になりました。
これで東妻がビシッと締めてくれればさらによかったのですが二死から四死球とはいやはや、見た目の数字はいいのですが油断はできません。

YES!マーティン

マーティンが柳田に並ぶ23号をかっ飛ばし、3打点で美馬を助けました。
何度も打ってくれとお願いをされたらしいので他の投手も美馬に倣ってマーティン詣でとなりそうな、やはり長打の威力は凄まじいです。
復帰後の出足はいまいちでしたが3割以上を打っている西武を明日も足蹴にして浮上して欲しい、今週中に自己最多の26号をお願いします。
相性というところでは安田がまた高橋から貴重な追加点となる2点タイムリーツーベースを含むマルチヒットで今月は3割を大きく超える打率はセンター中心のバッティングがいい感じで、心の底から割り切っていて欲しい、そうなれば率ももっと上がるはずです。
ここのところ早いイニングでの、三番中村奨のバントは打順に意味を持たせる主義ですのでそこは微妙ではありますが作戦としてはgood、中村の軽率なプレーからのチャンスでしたので高橋の抑えてやろうとの意識を打ち砕いたのも試合の流れを掴むのに効果的でした。
それにしても分からないもので二者連続三振からの怒濤の攻撃はスパンジェンバーグのやらかしがあったにせよチームの勢いが感じられて、素敵です。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
西武 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 4 1
千葉ロッテ 0 0 0 2 0 3 0 0 X 5 7 0

◆8月31日(火) 千葉ロッテ−西武18回戦(西武8勝6敗4分、17時46分、ZOZOマリン、8,032人)
▽勝 美馬 15試合5勝4敗
▽敗 高橋 20試合9勝5敗
▽本塁打 マーティン23号(高橋)

▽バッテリー
千葉ロッテ 美馬、ハーマン、東妻—田村
西武 高橋、平井、ギャレット—森

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村