その後の楽天アンリミット

楽天アンリミットにして二ヶ月ちょっと、まずまず順調に使えています。
先日にようやく100万回線と目標の1/3にようやくといった状況ですからそもそも閑散としているのが理由かもしれませんが、繋がらないことは無く、また速度もこちらでご紹介をしたものはmy楽天モバイルなるアプリによるものですからお手盛りの噂が根強いものの、体感的に遅いと感じることもありません。

ただそれも国内パートナーのauに負っているところが大きそうで、船橋市など自分の活動領域のほとんどは楽天回線圏内のはずが最初のうちはそうでしたが不思議なことに日を追うごとにauのお世話になることが増えてきて、先月などは倍近くですから楽天回線エリアが怪しい地域はもっと顕著かもしれません。
自分などはauの5GBは充分すぎますのでそれこそ全てがauでも何ら問題はありませんが、楽天アンリミットの無制限を前提とされる方は注意が必要でしょう。

気をつけなければならないのはサポートの酷さが極まっていることで、楽天グループの猿サポートには慣れていますし期待もしていませんので覚悟はしていましたが、しかしその斜め上をいく酷さはこのアプリがGoogle Playの散々な評価となっているのを見れば導入に躊躇する人がいてもおかしくはありません。
その人のことを思えば意図的にやっている、としか思えない珍回答の連続は、例えば通信量はサービス開始からずっと表示されないままでしたがようやく先月26日に対応ができたようで、しかし25日以前はゼロのままなので「過去のデータは表示されないのですか」の質問には「はい、26日から対応しています」、さらに「いや、そうではなく過去のデータは切り捨てられるのですか」には「以前は反映に時間がかかっていましたが現在は正常に反映したためそのような表示になっています」、と質問には直線で答えずに現状を説明するだけで不具合を認めないのは他もそうですが楽天グループの社是のようです。
このやりとりにチャットサービスを使っているのは電話窓口が全く繋がらないからで、しかしチャットと言えばそれなりのレスポンスを期待しがちですが質問から数日経ってからの返信となるのは日常茶飯事、しかもそれだけ待たせながらも10分ちょっと反応しないと「お返事がありませんのでこれで失礼します」と勝手にクローズされてサポートに対するアンケートがどひゃらと流れるのですからもう笑うしかありません。
臨戦態勢でかかり切りになってようやく会話が始まっても「分かりかねますので別の担当からご連絡いたしますのでお待ちください」と打ち切られ、またかなり待たされてから別の担当から連絡があっても「ご質問をお願いします」と全く引き継ぎがされていないのでただのたらい回しです。
完全無料のはずの通話も留守電再生で1417にかければ有料になるとはマニュアルにありますが楽天リンクなる通話アプリ内の機能で再生をすれば無料となるものが有料にカウントされていて、これが間違いであることを認めさせるのにどれだけ苦労をしたか、証跡としてのスクリーンショットは必須です。
つまりは月に5GBでは足りない、あるいはある程度のサポートは必要、という方にはお薦めできないどころか止めておけよと、そんな中間報告でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村