安と安

どうなることかとヒヤヒヤしましたが、無事に連勝で勝ち越しを決めました。
今日に二度の中断がありながらも強行できたのであれば昨日もできたのではないかと思わないでもないですが、雨雲は気まぐれ、動きは読み切れません。
そんな今日は安田と安達がキーマンで安田は3安打4打点も同点のきっかけとなった三塁線の打球を止められず、一方で安達はやたらロッテ戦になると打ちまくる4割のキラーぶりを発揮して追撃のヒットを含むマルチも深追いと内野安打で大量失点の原因となりダメ押しにも絡む再びの深追いをやらかし、打の貢献で上回った安田に守のミスが甚大だった安達は結果的に好対照、よって安と安という朝ドラのようなタイトルにしてみました。

気が付けば涌井がそこに

地金が出たのか連勝が止まってから足踏みが続く涌井に、気が付けば1勝差に迫った5連勝の美馬です。
FAで獲得した美馬が金銭で放出した涌井に勝ち星で劣るようであればお話にならない、とはトレードが決まったときの懸念が現実なものとなりつつあったところからの美馬の逆襲は中村稔の3倍以上もあるチームトップの援護点があってこそ、しかしそれを引き出すのも投手の能力の一つなのかもしれません。
中村稔らにそれが足りないと言うよりは美馬が秀でているのはペースが乱れてもおかしくない中断にも淡々と自分を見失わずに投げられたことで、本人がお立ち台で語ったように無駄な四球を出さない1試合平均で2個以下は石川に次ぎ、その石川が美馬に次ぐ援護点をもらっているのもたまたまではないのでしょう。
失点をした後にT-岡田の判断ミスでの走塁死、柿沼がラインを跨いでいたので抗議が入るかとも思いましたが勝ち越しを防いだマーティンの神肩もそれに近いと思ったりもして、やはりお立ち台で語った運の良さは巡り合わせではないと、守る時間が長い若手には是非とも見習ってもらいたいです。
そんな美馬がゾーンの四隅で勝負できるコントロールで七回をきっちりと、エラーが絡んだ大量の追加点で勝利の方程式を温存できたのも助かりました。

それでも先発は打てない

終わってみれば大量得点ですが前回も勝ちはしたものの打てなかった張奕には今日も2安打しか打てず、とりあえず左手で投げておけと力の落ちるところでエラーやら何やらで血祭りに上げただけではあり、この体たらくでは明日のアルバースを攻略できる気がしないのが正直なところではあります。
そんな中で安田が3試合ぶりのヒットは19試合ぶりのタイムリーとその途中でホームランやら押し出しやらでの打点はあったにせよ久々の四番の存在感は二打席連続、さらにはダメ押しのタイムリーといずれもセンターから逆方向への強い打球でした。
ここのところミスショットが目立ってはいましたがボールをしっかり見ていますしバットも振れていますので、迷うことなく力強く振り続けてください。
それにしても二死から安パイ、とここでも安の文字が、そんな柿沼のヒットからの逆転劇とは相手のミスがあったにせよ喜ばしく、逸機のはずが懸命に走って勝ち越し点を稼いだ清田は映像を見る限りではアウトとなってもおかしくはないタイミングでしたのでよく走った、そしてラッキーチャチャチャです。
あとはもう弱いチームの典型で勝手に自滅をしてくれただけで勝ったのではなく勝たせてもらった感が強く、またしてものバントミスもありました。
山岡、張奕に11回で5安打と先発にはエラーや四球が無ければ1点も取れていないので明日もどうなることやら、たまには序盤で打ち崩してください。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
オリックス 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2 9 3
千葉ロッテ 1 0 1 0 0 0 4 3 X 9 10 0

◆9月13日(日) 千葉ロッテ−オリックス17回戦(ロッテ14勝2敗1分、17時、ZOZOマリン、4,997人)
▽勝 美馬 12試合7勝2敗
▽敗 山田 30試合2勝3敗

▽バッテリー
千葉ロッテ 美馬、小野、永野—柿沼、江村
オリックス 張奕、富山、山田、飯田優—若月、伏見

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村