8連戦が待っている

降り続く予報ではありましたが雨雲レーダーを信じていいかどうかはさておき、それによれば夕方ぐらいから小降りになって試合の途中ぐらいから止むような雲の動きでしたから、実際に夜にはもう上がっていましたしやたら中止を早く決めたなと思わないでもありません。
もっとも疲れが溜まっている選手たちに足場の悪いグラウンドでプレーをさせたくない、怪我のリスクを少しでも減らすために、といった理由もあったのでしょう、これまたあてにはなりませんが週明けまで傘マークはありませんし来週はビジターでドームが続きますから万全な環境で試合ができます。
ただ中止分が月曜日にはまったために8連戦になりますのでしんどさを先送りしただけのような、明日に投げる美馬を次は日曜日にずらすことで土曜日に有吉あたりを投げさせて中6日を崩さないのか、あるいは美馬、おそらくは明後日の二木に中5日で頑張れと尻を叩くのか、ローテのやりくりも難しくなります。
これが休んでいるうちにソフトバンクが負ければ気も楽になりますがロッテを挫きソフトバンクを助ける西武なわけで、ソフトバンクはこれで5連勝はこの10試合で負けたのがロッテに食らった3タテだけとなれば、取りこぼしを極力減らしつつ直接に叩くしかありませんからこの8連戦にヘタは打てません。

チケット騒動はどうなる

今日に残り日程のチケット先行販売が始まり、また今日の中止の追加分も即日で売り出されました。
一方で利権絡みで手放せないGoToキャンペーンに東京を追加するには大規模イベントの上限制限をそのままでは片手落ちとの批判を避けるためか50%はそのままながらも5000人の上限が撤廃されるとのこと、NPBは19日以降の試合にそれを適用するとのことです。
とは言いながらもいきなり50%ではなく段階的に、かつそれは各球団に任せるというコミッショナーの適当さはともかくとして、さっそくに巨人は19000人、阪神は10000人、ヤクルトは14500人はそれぞれ40%、25%、ほぼ50%と懐事情がその対応にもろに出るのでしょう。
ロッテもヤクルトに近いところになるような気はしますがどちらにしてもこれまでの倍以上になりますから今回分、ここまでに発売済みの日程分の追加はおそらくはダイナミックプライシングらしく元の価格を維持したままに売れ行きに応じて調整をしていくものと思われ、これにどう動くべきかが読みづらいです。
現時点での地元最終カードはソフトバンクが相手ということもあり胴上げが見られるのではないか、が理由なのか平日ながらもかなり売れていることからして価格が下がるのを待っていれば取り逃すリスクと、それでもさすがに高すぎるので下がる可能性を待つかの天秤がどちらに振れるか、神のみぞ知る、です。
二階席ですら5000円近くともソールドアウトしている現状からすれば前者になりそうですがそれは熱心なコア層がどの程度いるかにもより、それが15000人近くもいないだろうと考えれば後者、10月後半から11月ともなればさらなる増員の可能性も含めて一緒に悩んでいきましょう。
ちなみに球団の懐には申し訳ないながらもこのまま閉幕まで5000人上限であればいつ以来、と話題になったであろうリーグトップの観客動員数も今回のそれで雲散霧消するのがちょっと残念だったりもして、それでも上位に残るためにはチームが勝ち続けること、それだけです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村