あと3つ勝てばいい

大事な初戦を悔しくも落としました。
打ち合いになれば相手にならないのでこの試合のような接戦をものにしなければならないところが、守りのミスでの逆転負けは痛すぎます。
2試合続けて8回零封をされていた千賀から先制、点差を詰められた直後に追加点と理想的な展開だっただけにあまりにもったいない、むしろそこまでのミスは記録にこそなっていませんがソフトバンクの方が多かっただけに中盤以降のこちらのボロボロが勝負弱さなのかと哀しくなってしまいます。
これで残り3試合に3勝をしなければならなくなりましたがここはマジック3が点灯をしたとでも思って前向きに、一戦必勝で戦っていきましょう。

美馬嘆く

美馬は初回の一死満塁のピンチをゲッツーで凌ぐと以降は伸びのあるストレートを左打者の内角に果敢に投げ込み、スライダーにも切れ味がありましたしフォークも低めに決めて、何よりいつもどおりにテンポのいいピッチングで思いどおりに投げられたのではないかと思います。
柳田には一発を浴びましたがやや甘かったのものあの低めをあそこまで飛ばすのは規格外のダンプにぶつかったようなもので、あれは仕方がありません。
それだけに六回の先頭でその柳田にヒットを打たれたところで吉井コーチが早くも動きを見せたのがやや意外で、そこから抑えていれば続投だったのでしょうが続くグラシアルにもヒットを打たれてバントでの一死二三塁でお役御免は本人からすれば不本意だったでしょう、そして結果的にそれが裏目に出ました。
デスパイネに東條は打ち取った打球が内野安打になり、そこからの唐川もゲッツーのところで井上がまさかの落球はそこまで何度もいいプレーを見せていただけにあそこでやらかすとはもう何かが憑いているとしか言いようが無く、打てる気配すら無いそのバッティングの影響もありそうな気がします。
あまりいいこととは思いませんがベンチで美馬が天を仰いだりため息をついたり、その気持ちは痛いぐらいに分かるだけに、さらに追い打ちのように澤村が結局は四球が命取りでしたがやはり打ち取ったはずの打球が内野安打になっての決勝点となれば中大ラインの崩壊といったところです。
同じようなプレーは周東がやらかすなどソフトバンクにもありましたが天の悪戯か出る場面に大きな差があり、それが力の差でもあるのかもしれません。
明日は二木かと思いきや陳偉殷、は順番と間隔から考えればそうなのかもしれませんが吉井コーチの徹底ぶりは凄まじく、その陳偉殷は立て続けにソフトバンクを相手に投げただけにデータを取られたことにイヤな感じはありますが、とにもかくにもこの起用が吉と出ることをただただ願います。

安田の一発

打線は千賀から8安打3得点と期待以上に頑張ってくれました。
先制の安田のツーランは引っ張ったことに価値があり、鳥越ヘッドとの飛ばす練習がそれをもたらしたのであればオフも継続してお願いします。
追加点もきっちりバントで送っての荻野がしぶとく三遊間を破るなどいい点の取り方で、先頭打者を出しながらも押し切れなかったイニングもありましたが送るところはしっかりと送りましたし、ストレートは抜群だった千賀を相手ですから今の打線ではあれで精一杯でしょう。
今日を受けて明日のオーダーをどうするか、井上にリベンジの場を与えるのではなく菅野をファーストにして福田秀を起用するのではないかと予想しますが最終戦のあれがあったにせよそこそこヒットは打てている東浜ですから繋がる、ではなく繋ぐ野球で活路を見出して奇跡への一歩を踏み出すのみです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 0 2 0 0 1 0 0 0 0 3 8 1
ソフトバンク 0 0 0 1 0 2 0 1 X 4 11 0

◆11月14日(土) ソフトバンク−千葉ロッテ1回戦(ソフトバンク1勝、13時1分、PayPayドーム、19,901人)
▽勝 モイネロ 1試合1勝
▽S 森 1試合1S
▽敗 澤村 1試合1敗
▽本塁打 安田1号(千賀)、柳田1号(美馬)

▽バッテリー
千葉ロッテ 美馬、東條、唐川、ハーマン、澤村—田村
ソフトバンク 千賀、モイネロ、森—甲斐

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村