和田、走る、走る

カードの頭二つを取ったかと思えば最後に負けてしまい、逆に連敗をしても最後は勝って、ここのところはスイープをやるもやられるも上位が相手のときだけなのでそろそろ下位を相手に決めたく、上原でもなく河野でもない杉浦を血祭りに上げて栗山監督の壺を叩き割りましょう。
そんな今日は前日と同じく初回に先制、その後に追い上げられるも終盤に追加した1点での逃げ切りで今季のロッテを象徴するような勝利でした。
その立役者の一人は途中出場の和田、はもしそれが投手の正面に転がっていても余裕でセーフだったであろう滑り込む必要すら無い驚異の走りでスクイズを成功させて、そして唐川を助けた詰まった打球への素早い反応と攻撃でも走る、守備でも走る、スピードスターここにありです。

小島が借金を完済

小島が6回2安打零封で昨季に倍する6勝目、見事なピッチングで借金を完済です。
それでいいのかと思わないでもないですがコーナーを狙ったボールがそこそこ思いどおりに決まり、4四球ながらもばらけている感じはありませんでした。
抜いたボールが効果的でつんのめるようなスイングをする打者もいて、それも生命線であるキレのあるストレートを内に投げ込んだ勇気あってこそです。
防御率3.50は規定投球回にやや足りずで影のリーグ3位とはレベルがどうかとは思いますが今後は1イニングでも多く投げられるよう無駄球をいかに減らしていくか、は小島だけではなくツーストライクからとりあえず外すというセオリーを捨ててもらいたく、さして難しいことではありません。
そして勝利の方程式は澤村が移籍後初失点も圧のピッチングで凌ぎきり、1点のリードを益田が僅か10球の三者凡退で締めました。
澤村のスプリットがボールからボールの頻度が上がっているのが気掛かりですが初見であればまだいけるはず、唐川はあの被弾から持ち直せていないようにも見えますが向かっていくピッチングができていますので大丈夫でしょう、益田の防波堤も壊れそうで壊れないロッテの守護神らしさが頼もしいです。

スクイズが素敵

打線は初回にヒット、盗塁、タイムリーと理想的な先制も後続がゲッツー、二回のチャンスもゲッツーと急ブレーキがかかり、中押しもできずにズルズルといっていただけに七回に中村奨のツーベースからバント、スクイズという追加点は計り知れないぐらいの効果をもたらしてくれました。
その1点で逃げ切れたというのはもちろんですが左打者のそれは相手の意表を突いたと思われ、また1点の大切さを選手に知らしめることもできたでしょう。
難しいバントを決めた藤岡のベンチでの満足げな笑顔が輝いていて、見ているこちらも嬉しくなります。
ただ打線として湿ったままなのは相変わらずでたまに打てても続かないのは井上、福田秀はともに外のボールの対策を取らなければ劇的に変わることは無さそう、井上の第三打席での三振はあれをあのスイングでどうこうできると思っているのか、引っ張ることしか考えていなさそうな福田秀も似たり寄ったりです。
むしろもっと引っ張れという意見も多い安田、菅野の柔軟さを煎じて飲ませたいぐらいで、月も変わりますので考えも変えていきましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2 6 0
日本ハム 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 4 0

◆9月30日(水) 日本ハム−千葉ロッテ20回戦(ロッテ12勝8敗、18時、札幌ドーム、3,240人)
▽勝 小島 15試合6勝6敗
▽S 益田 39試合2勝2敗26S
▽敗 バーヘイゲン 14試合6勝5敗

▽バッテリー
千葉ロッテ 小島、唐川、澤村、益田—柿沼、田村
日本ハム バーヘイゲン、公文、宮西—清水、宇佐見

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村