和田記念日

かなりヒヤヒヤな1点差での逃げ切り勝利で、無事にカード勝ち越しを決めました。
しかしその点差よりも勝ち方にとにかく次に繋がる素晴らしさが満載で、こういう野球をやってくれれば負けたとしても上を向いて歩けます。
なぜか実況がルーキーと連呼していた和田、そして佐藤のプロ初スタメンは結果が出ないのに名前で起用されるオーダーに飽いていたファンにはわくわくするものでしたし、これでもかのバントの指示は1点を堅実に取りにいく野球かつ前日の反省が感じられました。
追加点が欲しい八回のチャンスに左腕に対して清田ではなく佐藤にそのまま打たせたのもgood、名前がモノを言うときもありますし若ければいいというものでもなくその若さ故の過ちもあるでしょう、しかしその過ちを糧にしてこそ次への扉の鍵を手にできます。
和田らには失敗を恐れずにやってもらいたいですし、欠場となった角中、福田秀らには焦って欲しい、それこそが心から待ち望んでいるものです。

和田に西岡を見た

試合前に食べられないぐらいに緊張しまくった、とは田村にばらされた和田でしたが、しかしその初打席初球を叩いてのプロ初ヒットです。
この積極性こそが和田の真骨頂は練習試合のときからそうでしたが3盗塁はいずれも初球だったところにも通じていますし、2005年の日本シリーズ初戦で臆することなく振りにいってチームに勝利をもたらし、日本一に導いた西岡を思い出しました。
その積極さが裏目に出てつけ込まれることもあるでしょう、しかしその気持ちだけは忘れないでもらいたいです。
映像越しにも和田に期待をするファンの熱気が伝わってきたのは推しメンにした自分としても嬉しく、また当たり前ではあるのですが伊志嶺コーチがセンターに向かって記念のボールを要求し、そして和田の尻をポンポンするその姿にほっこりもしました。
和田はさらにヒットを重ねて3安打猛打賞、その全てで盗塁を決めて、またその全てで中村奨が送っていずれも得点に繋がったのは大げさに言ってしまえばロッテの野球を変えるぐらいのインパクトがあったと、ヒットが少なければこういった野球でなければなかなか得点にはなりません。
なぜかここにきて走り始めたマーティンも3盗塁ですし菅野もまだ覚束ない感じですがバントを決めて、田村もいつもであれば西川に捕られてもおかしくはなかった打球が決勝タイムリーとなったのは気持ちが後押しとは精神論ですが、そういうのってあるものです。
気になるとすれば和田のスライディングがベースに近くて荻野と同じ恐怖感があるのと左手をいわしそうなヘッドスライディングもそうですが前のめりなプレーが怪我に繋がることで、このあたりは守りに入られるのもあれですからプレーを重ねるうちにさじ加減を覚えてもらうしかありません。
また特徴のあるスイングだと思っていた佐藤は振り下ろしながらフォロースルーで持ち上げるような感じで内角高めは窮屈そう、こちらも積み上げです。

唐川いけちゃう?

中村稔はコントロールに苦しみました。
敵に利するだけなのでそういう姿は見せて欲しくはないのですがやたらと首を傾げていたのは本人も何かおかしいと感じていたのか、カウントを悪くしてストライクを欲しがったボールが中途半端に入っての逆転被弾はいい勉強になったはずです。
ベンチも今日の中村稔では修正できないとの判断だったのか、まさかの東條かよと驚いたのは置いておくとして、今後のことを考えれば中田へのリベンジのチャンスをあげたかったものの五回イニング途中での交代はまずまず妥当なところではあります。
また期待のフローレスはやはり中継ぎだと精度が落ちるようで、球威とのバランスを投げていく中で調整していきましょう。
そんな中でピシャリとはいきませんでしたが、唐川が中田に投じたストレートにぐっときました。
田村の構えたところとは違って内より高めに入った怖いコースではありましたが伸びがスイングに勝っていて、唐川のこういうボールは久々です。
暫くの行方不明でもう終わったかと思っていたところでの復活劇、と言うにはまだ早いですし本人としては先発志望でその調整をしてきて内心では不満もあるでしょうが、今のチームでフィットするのはこのポジションだと自分に言い聞かせてシーズンを全うしてくれると助かります。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本ハム 0 0 3 0 0 2 0 0 0 5 8 1
千葉ロッテ 2 0 1 0 2 0 0 1 X 6 6 0

◆8月16日(日) 千葉ロッテ−日本ハム12回戦(ロッテ7勝5敗、17時、ZOZOマリン、4,993人)
▽勝 ハーマン 20試合3勝
▽S 益田 23試合1勝2敗15S
▽敗 宮西 23試合1勝1敗
▽本塁打 中田17号(中村稔)

▽バッテリー
千葉ロッテ 中村稔、東條、フローレス、唐川、ハーマン、益田—田村
日本ハム バーヘイゲン、井口、堀、玉井、宮西—宇佐見

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村