佐々木千がオールスターを掴む

佐々木千が監督推薦でオールスター戦の嬉しい初出場を掴み取りました。
春先の投げ始めにはコントロールがままならず厳しいオフになるかとも思っていたところから一転して、その後はそのコントロールが安定して勝ち運にも恵まれてルーキーイヤーの4勝に並ぶ自己最多、登板数はもう28試合で防御率が0.84と抜群の成績ですので文句なしの選出です。
ハーマンや唐川の離脱があったにせよ目に見える結果で勝利の方程式に入って八回を安心して見ていられますので、プロ入りから五年、放浪したフォーム探しが脱力投法と言いますかキャッチボール投法と言いますか、これが納得のいく終着点であってくれればと願います。
本来であればゆっくり休んで欲しいのですが五輪休みがあるのでそこは前向きに、後半戦でのさらなる飛躍へのきっかけとする晴れ舞台を期待しましょう。

6人も出場とは

益田、中村奨、荻野も監督推薦で選ばれて、ファン投票選出のマーティン、レアードと合わせてロッテからは6人の出場です。
益田は20セーブ、中村奨と荻野はリーグで5人しかいない3割打者ですからこちらも文句なしでしょう。
ただ一方的ではなく相談があるにせよ対ソフトバンクに3敗の益田を工藤監督が選んだのが不思議ではあり、ソフトバンクが5人でロッテより少ないというのも嫌らしくないわけでもありませんが、首位をひた走るオリックスがさらに少ない4人なのでリーグを代表する選手が多いことを素直に喜びます。
それでいて自分的にはウエルカムも侍ジャパンの選出がゼロは稲葉監督の見る目が無いと思えば、来季の日本ハムも怖くありません。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村