要望か忖度か

投手コーチに木村を招聘との記事が、機関紙とニッカンが先行して報知とサンスポがそれに続きました。
いずれもその内容は似たり寄ったりですのでおそらくはソースは一つだと思われ、そして一斉にですからほぼ確定なのでしょう。
投手コーチは一軍に吉井、川越、二軍に小野、大隣といますのでどちらに配されるにせよ3人はロッテとしては考えづらいので、ブログで退任をほのめかしている吉井コーチの穴埋めとなる可能性が高そうな、即他球団への移籍とはならないにしてもそうなってしまうと来季が思いやられます。
その木村、巨人で15年間の指導者経験があって若手の育成に定評があるとされていますが、しかしこういうときには誰それを育てたと盛って報じられるのが常ですが具体名が出ていないことからして推して知るべしなのか、その15年間にしても大半がトレーニングコーチで投手コーチとしては兼任も含めて半分程度でしかなく投手専任は二軍での4年間だけで、それで一軍を任せれば投手版の河野コーチになってしまいそうです。
その手腕については是も非も承知していませんが青学大となれば色メガネで考えてしまい、ただ井口監督と4学年の違いで入れ替わりで直接的な関係はありませんので要望ではなく球団の忖度かもしれず、それであれば目に見える実績があるだけにまだ倉野と思いますが同級生でも距離が近いとは限りません。
いずれにしても報道どおりであれば青学大閥がさらに強化されて、あるいはバッテリーコーチに火の国の監督を解任された細川になるかとも思っていましたが清水コーチはそのままなのか、どうあれ理想は吉井コーチの留任に木村コーチには二軍でトレーニングコーチとの兼任ですが、新体制の発表が待たれます。

藤岡貴になるな、するな

そんな中で鈴木が来季に先発一本でいきたいと、強い意欲を示しました。
自分的には短いイニングで爆発的なピッチングこそが鈴木に適していると考えますが、高校、大学と先発だっただけにそちらに魅力があるのでしょう。
そうなるとどこか藤岡貴を思い出してしまい、先発でスタートも頭打ちになって中継ぎに回って結果を残しましたが先発志向が強く、落合コーチも手に余って本人に任せると突き放したようなコメントでその後に出番を減らして、そして日本ハム、巨人と渡り歩いて不完全燃焼のままにユニフォームを脱ぎました。
もちろんやりたいようにやらせられればそれが一番ですが適性やチーム事情もあり、吉井コーチなのか木村コーチなのか、誰にせよその舵取りが問われます。
最悪なのは今季のように中途半端に先発、中継ぎとふらふらさせることで、どうしても先発であれば「ダメなら中継ぎではなく二軍」と覚悟させる、鈴木もそうですしベンチも揺れないことが大事で、藤岡貴になるな、するな、貴重な才能を潰さないようお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村