岡田も楽天へ

岡田が楽天の一軍外野守備走塁コーチに就任しました。
岸は石井GMのときではありませんが浅村、牧田を獲得し、コーチ陣にも金森、笘篠、石井貴、奈良原、垣内、後藤などを招聘して楽天ライオンズなどと揶揄されていて今オフにも増田に触手を伸ばすのではないかと西武ファンから警戒をされているようですが、しかしロッテ繋がりがここにきて増えてきています。
サブローがファームディレクターで今江が育成コーチから二軍打撃コーチに昇格し、そこに岡田が加われば涌井、鈴木大、酒居と併せて第二派閥となります。
その出身から西武、あるいはヤクルト繋がりは分かりますがなぜにロッテなのか、サブローは所属事務所の吉本絡みとして岸と石井貴も実は吉本だったりもして、このあたりはダイエーとPAMSの井口ロッテの成り立ちどどこか似ているとは人脈に偏った編成はやはり歪に思えてなりません。
どのみち井口体制が続けば岡田がロッテに戻ってくる余地はほぼ無かったでしょうから、黒木と小坂が日本ハムに行ったのと同じようにコーチとしての適性を諮るとともに経験を積んで機会があればいつかはロッテのユニフォームを着る日がまた来ることを願って健闘を祈ります。

石井監督はいかに

その石井GMは前年の最下位から3位にチームを引き上げた平石監督を「僕の中では3位はBクラス」と更迭、肝煎りで据えた三木監督が正真正銘のBクラスに沈んだことでクビを切らざるを得なくなり、おそらくは三木谷から迫られたのでしょう、自らが後任監督になりました。
これで来季に2位以上にならなければ監督はおろかGMの職を辞さなければ楽天ファンは黙っていなさそう、ここにきて中長期とか言い出したのは既に言い訳にしか聞こえませんが取締役兼GM兼監督となれば全権掌握ですからつまりは責任も果たさなければならず、追い詰められたとも言えます。
一部には今オフはFA戦線に参加をせずに育成に力を入れるなんて報道もありましたが、そもそも楽天は携帯事業で躓いて赤字が広がっているようですからこれまでのような大型補強を続けられるのかどうか、余所を心配している余裕はこちらにもありませんがポスト石井にサブローなんてのを生温かく見守ります。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村