ああ勘違い

来月頭から大規模イベントはキャパの50%以内ながらも5000人の上限が撤廃される予定が、一ヶ月後ろ倒しとなることが正式に決まりました。
大本営の発表曰く「足元の感染状況を踏まえて」とは妥当ではありますが、一方でGoToキャンペーンは民間にチェックを丸投げしつつ強行する矛盾は文春砲が炸裂しましたが政府自民党への多額の献金など利権絡みなのは毎度のこと、イベント開催はそれが無いためにスパッと決断したのでしょう。
これで暫くは現地観戦のハードルが高いままが続くことになり、また各首長が第二波を懸念する中で潜伏期間の半月後がどうなるかに戦々恐々です。

Mポイントを利用できる

気付いたきっかけは球団からのチケット販売情報メールでした。
来月11日からの12試合分のシーズンシートオーナーらへの優待販売にかかる案内でしたが、さらっと読んでいて目に飛び込んできたのが「優先販売では、ファンクラブ有料会員価格・Mポイント決済サービス・購入Mポイント付与はありません」との文言、これってつまりはTEAM26先行販売や一般販売ではMポイントを利用できることになるのかと、試しに一般販売の今に支払い情報の入力までやってみればMポイント決済の選択肢を発見です。
なぜにあれこれ優待販売を差別するのかは分かりませんが早く良席を確保できることとのトレードオフとでも考えているのか、ハッキリ言っていい迷惑です。
オフ企画の通信簿で使えるような写真を撮れる席は優待販売でほぼ埋まってしまうため、大枚を叩いて現金でかぶりつきをゲットするか使い道に困るMポイントを消費して撮影を断念するか、知らぬが仏、勘違いに気付いてしまったために要らぬ悩みを抱える羽目となりました。
どのみち例年のようには数多く球場に足を運べそうにもないため写真にこだわることも無いと言えば無いですし、しかし贅沢にもバックネット裏での観戦に慣れてしまったため遠目からであれば快適な自宅で中継を観るでよいのではとの悪魔の囁きも聞こえてきそう、球団も罪なことをしてくれます。
とにもかくにも自分目線で「特典チケットが使えない」「Mポイントが使えない」と誤情報を流してしまったことはごめんなさい、そんな訂正報告でした。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村