勝てなかった、負けなかった

勝てる試合だったように思いますし勝たなければなりませんでしたが、しかし負けなくてよかったのかもしれません。
マーティンの一発で田嶋から望外な逆転はしましたが5安打でしかなく、荻野の打球が抜けなかったのが今のロッテ打線を象徴しているようにも思えます。
田村が得意の右打ちを披露して、最後は田村シフトで布陣を代えられるまでしましたが外野にも飛ばずにゲームセット、すっきりしない終わり方でした。
ちなみに最終形態を予告されて注目の謎の魚は完全に空振ってしまいスタンドにはシラケたムードが、何事もほどほどがよいということなのでしょう。

危惧したとおり

小島は危惧したとおりに、またしても四球で自滅しました。
もうコントロールがいいなんて幻想はありませんのでボール先行なピッチングには驚きませんが、2四球が絡んであっさり先制点を許したのにはげんなりです。
スポーツ紙も井口監督も不問なのかスルーしている鳥谷のエラーに足を引っ張られもしましたがそもそもここでも四球の走者が得点をしたわけで、そして安達のスタメンは想定外でしたが言わなきゃよかった紅林、頓宮とやられて欲しくないところでやられてしまうのにはもう笑うしかありません。
6回で自責2ですから責めるのも酷ですが開幕までのピッチングに二桁は確実と期待が高まっただけに落胆も大きく、明日以降の岩下、本前次第ではありますが来週にも石川が復帰するとのことですから外れるのはもしかしたら、それぐらいにどんよりとした今日の小島でした。
そして魔の八回には小野でしたので引っ張り上げたい吉井コーチの思惑なのかただ頑固なだけなのか、崖っぷちのその小野が踏ん張ったのと益田に立ち直りの兆しが見えたのが喜ばしくも今度は唐川が連続四球と揃い踏むのはいつになるやら、ハーマンに調整登板の機会もありませんし悩み深いです。

和田で勝負を賭けろ

マーティンが一振りでチームを救いました。
身長にも届かない打率がさすがに低すぎはしますがそれでもリーグトップの4発は外国人助っ人に求めているところですので、レアードもマルチヒットで中村奨が急ブレーキなだけにこの舶来砲二門へのマークがきつくなってきそう、孤立させないよういい加減に周りの目覚めが必須です。
そんな今日は山口をスタメンに起用しましたが外したのが中村奨に次ぐ.286の菅野とはビックリ、藤原への我慢はいつまで続くのか、打点を荒稼ぎした安田もブービーに低迷していますし、レアードが守れなければ安田には代える選手がいないのも準備不足でしかありませからエチェバリア待ちです。
残念だったのは九回一死一塁で代走和田に走らせなかったこと、得点圏に走者を送ることを第一に一死からでも送ったのはいいのですがそうすれば状況からして塁を埋められるのは分かりきったことで、それであれば走らせてアウトならそこまでの話、また打っている、そして捕手としての田村にこだわったのでしょうがそもそも八回に和田を使っていれば吉田正は前に守って追いつけなかったかもしれず、ここまで和田の足の使い方が消極的に見えてなりません。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
オリックス 0 1 0 1 0 1 0 0 0 3 1 0
千葉ロッテ 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3 3 1

◆4月6日(火) 千葉ロッテ−オリックス1回戦(1分、17時45分、ZOZOマリン、5,392人)

▽本塁打 マーティン4号(田嶋)、頓宮2号(小島)

▽バッテリー
千葉ロッテ 小島、唐川、小野、益田—田村
オリックス 田嶋、平野、漆原—頓宮

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村