勝てるはずもない

鈴木誠や菊池を欠いてかつ1割打者が複数いる打線に今季初登板初先発でロッテ打線にはおあつらえ向きなコントロールに難のある矢崎となれば勝てる、勝たなければならないマッチメイクでしたが、あれだけ守りで投手の足を引っ張れば勝てるはずもなく、鈴木のこの表情が全てを物語っています。
鳥谷のエラーに始まってここのところ安定していたエチェバリアも球際の弱さと判断の拙さを連発し、お見合いの落球、佐藤都に至ってはキャッチングとスローイングのミスが4つとなれば三行半を突きつけられても仕方がないような、エラーが無ければ余裕で勝てた試合です。
記録は大嶺のワイルドピッチですし全てを止められるわけではありませんが、しかしあれでは落ちるボールを躊躇して中途半端な高さに入ってしまうこともあるでしょう、おそらくはベンチの指示だとは思いますがリードも安全志向で面白くありませんし、佐藤都ならではが見えてきません。
チームとしては不幸ながらも佐藤都にとっては絶好のチャンスのはずが活かせないどころかボロが目立ち、昨日もそうですがミットからボールがこぼれることもままありますし、昨日今日を見れば捕手よりも打者として生きる道に賭けた宗接にスタメンマスクを被らせたくもなります。
またミスをしたときにこそ扇の要たる捕手なのですから空元気でもどっしりとしてもらいたく、肩を落としたような姿を見せればミスの上塗りです。

横山を見たくて

終わってみれば2点差ではあるもののあまりの酷さと寒さに何度も席を立とうと腰を上げかけたのですが、最後まで頑張ったのは横山見たさです。
甲子園でのプロ初登板のときには映像越しだったからかさほどに感じられなかったのですが地元での初登板は格別なのか、リリーフカーに乗っているときから顔が固まっていましたしピッチング練習で暴投するなど緊張しまくっていたような、それでも1回2奪三振零封ですから見事なものです。
一言で言ってしまえばまだ荒削り、指に引っ掛かったようなボールもそこそこありはっきりとしたボール球になってしまいますが、それでいてコーナーにぴしゃりと決まる伸びやかなストレートは魅力たっぷり、最後はほとばしる気合いとなればもう期待しかありません。
土居もそんな出足でしたので横山もどこかで躓くこともあるでしょう、それも貴重な経験で次への糧ですからひるむことなく、無心で腕を振ってください。

マーティンを見習え

試合前に月間MVPの表彰があったマーティンはノーヒットでしたが四球での出塁で一塁からタッチアップをしたりセカンドフライで三塁からホームインをしたり、あるいは三塁の走者を置いてのライトフライで再三再四の抑止力を発揮して、打てなければ足と守りでチームに貢献です。
ようやく昨季に痛めた足首の状態を気にしないでよくなったのか積極的な走塁がここのところ目立ちますし、強肩に衰えは見えません。
こういったところを他の選手にも見習ってもらいたく、もちろん急に足が速くなったり肩が強くなったりするわけもありませんが、要は心の持ちようです。
出来ることを全力を尽くして出し切る、人任せにしない、そう言われて心当たりのある選手が少なくないはず、やらずに悔やむよりやって悔やみましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 0 0 2 3 2 1 2 0 0 10 16 0
千葉ロッテ 2 0 0 0 3 0 0 3 0 8 6 3

◆5月28日(金) 千葉ロッテ−広島1回戦(広島1勝、17時45分、ZOZOマリン、7,165人)
▽勝 森浦 14試合1勝1敗
▽S 栗林 19試合10S
▽敗 鈴木 11試合1勝3敗
▽本塁打 レアード11号(矢崎)

▽バッテリー
千葉ロッテ 鈴木、大嶺、小野、中村稔、横山—佐藤都、宗接
広島 矢崎、森浦、コルニエル、中崎、栗林—中村奨、磯村

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村