まさか柿沼

まさかと言ってしまうと申し訳ないのですが、あそこでの柿沼のタイムリーは嬉しい誤算でした。
代打菅野、モイネロにスイッチ、代打の代打清田、よりも松本vs柿沼に分があると見たのか、あるいは1点差でしかない最終回を吉田や佐藤には任せられないと判断をしたのか、いずれにせよイヤな雰囲気を打破する値千金の一打はお立ち台に呼んで欲しかったぐらいです。
浅村へのそれとは違って柳田には執拗に内を突くなどリードもよかったですし、ワンチャンで終わっていればヤバかったところでの大活躍です。
ちなみに予報もあってか5桁に届かなかったスタンドですが、週初に3800円だった二階席B指定は今日に2700円まで価格が下がっていました。

これも相性なのか

相性となればデータ野球とは違った非科学的なものの見方になりますし、楽天に屈したこちらよりも酷いオリックスを相手に連敗を止められなかったソフトバンクですのでただ下り坂の角度が上回っていただけかもしれませんが、しかしエラーが失点に繋がるところなどはそんな理由を持ち出したくもなります。
ゲッツーになっていれば同点で終わったところでそれを焦った周東のお手玉に畳み掛けるような4連打、福田秀の勝ち越しタイムリーに左腕から二打席連続ヒットの安田もよかったですが前の打席でチャンスを潰した中村奨の巻き込むようなスイングで放ったツーベースで完全に試合の主導権を握れました。
無茶振りは相変わらずですがベクトルが逆方向になりかけているようにも見えた井上は明日以降に保留ながらも、3安打猛打賞は落ち着きにはなるでしょう。
DHでの出場ですからまだ万全ではないと思われる荻野にも復帰初戦で最後に一本が出ましたし、しかし三回以降はパタッと止まって二木の踏ん張りがなければどうなったかは分からない展開だっただけにこれで貧打が解消なんてわけもなく、西岡に頼んで冠の緒を締めてもらってください。

二木は6連勝

そんな踏ん張った二木はソフトバンクに昨季から6連勝とはこれも相性なのか、防御率は3点台ですからピシャリと抑えているわけでもありません。
昨季などは異様なぐらいの援護率ですからチームとして大きく勝ち越している流れに乗って、かつその原動力の一つになっているのでしょう。
リクエストされなかったのがラッキーだったものを含めての3併殺は狙ったかどうかは分かりませんがやや高めなストレートとフォークのコンビネーションが機能してたからではないかと、なぜか高谷だけにはその高めが真ん中近辺で痛い目に遭いましたが面倒な柳田と中村晃を仕留められたからこその白星です。
そして前の登板があれだったので抑えて欲しかった唐川でしたが同点、逆転までは許さず、移籍後の初ヒットは打たれましたが澤村が流れを渡さずに益田にバトンタッチ、澤村のデビュー戦はハーマンを挟みましたのでこの三人での勝利の方程式による白星は初となります。
レフトの動きを見てのものではあるにしてもその後のことを考えずに一直線で打球を追う福田秀はいつものことでしたが詰まった打球につんのめるようになりながらも繰り返し素早く処理した中村奨など守りも盛り立てて、楽天も負けましたしこの勝利を追い風に一気に勝ち越しといきましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
ソフトバンク 0 1 0 0 0 0 3 0 0 4 11 1
千葉ロッテ 0 5 0 0 0 0 0 2 X 7 13 0

◆9月25日(金) 千葉ロッテ−ソフトバンク13回戦(ロッテ9勝3敗1分、18時、ZOZOマリン、8,337人)
▽勝 二木 9試合5勝2敗
▽S 益田 36試合2勝2敗24S
▽敗 ムーア 7試合3勝2敗
▽本塁打 デスパイネ5号(二木)

▽バッテリー
千葉ロッテ 二木、唐川、澤村、益田—柿沼
ソフトバンク ムーア、松本—高谷

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村