方程式に解は無し

大敗したかと思えば競り負けでの連敗、痛いサヨナラ負けであっさりと負け越しとなりました。
前日に続いて周東と今宮の二人に守備でも打撃でもしてやられたといったこの黒星は、極端なシフトの裏目と超絶貧打がもたらしたとも言えます。
デスパイネの同点打は通常シフトだったら追いつけたのではないか、周東の足を考えれば極端な前進守備であっても無意味だったのではないか、そんなことを思わないでもないですが、しかし打球方向を分析してのものであろう練習試合、オープン戦からやってきたこのシフトが柳田への執拗な内攻めと同じく上手くいくときもあるわけで、目先の結果に狼狽えることなく損得勘定から修正をするなり突き進むなり腰を据えてやっていってもらいたいです。
それはいずれも失点した勝利の方程式にも言えることで、唐川は藤原の背走ドンピシャジャンプに救われただけで失点したも同然ですのでそれに含めるとして、揃いも揃ってのそれはそうそうありませんが長いペナントレースには一度や二度はあるものでたまたまそれが最初に出ただけ、そう割り切りましょう。

美馬はやってくれそう

美馬は6回5安打1失点、今年もやってくれそうです。
自らのフィールディングの拙さでゲッツーを取り損なうなどして余計に球数を増やしましたが、そうでなくても春先ですし唐川らに初登板をさせたかったでしょうからどのみち六回までだったと思われ、力強いストレートにコーナーへの出し入れでソフトバンク打線を翻弄しました。
まともにやられたのは今宮ぐらいで、ボールを揃えすぎることもなく適度に散らして的を絞らせなかったのもよかったのでしょう。
追いつかれると顔に出てしまうのは相変わらずでどうかとは思いますがそれだけ勝利へのこだわりが強い、それも美馬のピッチングの一部分ではあります。

恒例の残塁の山

打線は今日も満塁のチャンスを潰しまくりました。
八回の荻野は前日の田村と同じく結果的に三球勝負になっただけなのでしょうが心の準備はできていたのか、ワンテンポ判断が遅れたようにも思えます。
ただそもそもが2安打でしかないわけで押し出し四球、その2安打での追加点、で逃げ切っていればこれ以上に相手にダメージを与える勝ち方はありませんが、しかしひっくり返されてしまえば12ももらった四死球の走者はどこに行ってしまったのか、捜索願いを出したくもなります。
また外の弱点を見透かされつつある山口ですから高橋礼で外したくなるのも分かりますが先々を考えれば逃げてばかりはいられませんし、次の1点が勝負の分かれ道になる展開だったのですから長打を期待できるというところから吉田とともに最後まで使われなかったのには違和感が残りました。
こうなると今日に二軍戦で二貫目を握ったレアードを週明けにも一軍に呼びそうな、食べるはずの三木は和田に託して浦和行きになるかもしれません。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 1 0 0 0 1 0 0 0 0 2 2 1
ソフトバンク 0 0 0 0 0 1 0 1 1X 3 12 0

◆3月27日(土) ソフトバンク−千葉ロッテ2回戦(ソフトバンク2勝、13時、PayPayドーム、9,963人)
▽勝 森 2試合1勝
▽敗 益田 1試合1敗

▽バッテリー
千葉ロッテ 美馬、唐川、ハーマン、益田—田村
ソフトバンク 高橋礼、嘉弥真、杉山、津森、森—甲斐、高谷

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村