中田が巨人へ、さて井上は

中田が巨人に電撃トレードされました。
交換相手は無しとこのとでおそらく無償だと思われ、どこか小久保のそれを思い出します。
巨人とすればファーストであればスモークの、レフトであればテームズの代わりぐらいに考えているのかもしれず、逆転優勝に向けてのピースとして原監督であれば問題児であっても抑えられるとの思惑ではないかと、中田にはまさに地獄に救いの仏でしょう。
日本ハムも高額年俸の負担解消とともに厄介払いができたことになり、もっとも今日で出場停止が解かれるらしいですがそれで中田の罪が消えるわけではないので巨人がどう措置するのか、また日本ハムもそれ以外に人種差別問題などが起きていますのでファンの目は厳しいままです。

井上も何とかしてあげたい

実のところこの中田問題に、井上の処遇を重ねていました。
中田のように問題を起こしたわけではありませんがチーム内に居場所を失いつつあることについては井上も似たようなもので、奇しくも両選手は広島市の出身で唐川世代の同い年、当時から面識はともかく存在を認識していたかもしれず、守備位置もファーストが被っています。
山口の台頭ですっかり出番を失っているだけに、そして井口監督が積極的に引っ張り上げようとしているようには見えないだけに、また査定がやたら低いことで球団が重きを置いているとも思えないだけに、不調期間が長くなってニーズが下がる前に何とかしてあげたいです。
もちろんロッテに井上を出す余裕がある打線の状況ではありませんしロッテで再生するのが一番ですが、件の理由からそれが見えてきません。
単純に出身地から広島は無いかなと思いつつも巨人も視野に入れていたので中田のトレードがショックでもあり、残念でもあります。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村