さりげなく加藤

先日の鎌ケ谷から加藤のバットがさりげなく好調です。
加藤に求めるところはそれではありませんがその鎌ケ谷のときのように痛烈な打球ばかりではないにしても結果として今日も2安打2四球と全ての打席に出塁をして、リードでも先日に二木との相性がよさげなところもありましたから、キャッチングの雑さ、抑止力になっているのかもしれませんがまだ強肩を魅せられていないところがあるにせよいいアピールができているのではないかと、逆に言えば加藤にとっての正念場でしょう。
柿沼の離脱で緩むことがないよう植田の存在も大きくこの二人の今後がドラフト戦略にも影響を及ぼしますので頑張って欲しいですし、楽しみでもあります。

たたみ掛けろ和田

和田が4安打に続いての3安打猛打賞は長打が二本、脚力で塁を一つ余計にプラスできるアドバンテージがありますしそもそも大砲の資質も秘めていますのでこのままたたみ掛けて欲しい、後半戦に間に合わないかもしれないマーティンの穴を埋めるのは俺だ!ぐらいの存在感を出せています。
ここまでの鬱憤を晴らすかのような五輪休みでの爆発で、これで代走だけなのか、とバットで井口監督に抗議をしているかのようです。
後半戦にスタメンをゲットできたとしても九番あたりなのでしょうがこれだけ打ちまくれば藤原もうかうかしていられませんし、守りも武器ですが下半身への不安かDHでの出場が増えていたマーティンをDHとすれば角中らへのプレッシャーにもなり、そのためにもこの勢いが続くことを願わずにはいられません。
そして強い打球が野手の正面を突くなどなかなか結果が出ていなかった山口に待望の一発は低めのボールをあれだけ捕手が逸らせば高めに浮いてしまうのは仕方がないにしてもそれを逃さなかったもので、そこから便秘が治まったかのようなやはり3安打猛打賞が喜ばしいです。
一方で小川に快音が聞かれないのがもどかしい、高部も軽率なプレーで本前の足を引っ張り、当落線上の若手は明暗がハッキリと分かれました。

素直すぎたかな

本前はあれこれ守りに足を引っ張られたところがあったにせよ、ゾーンで勝負は悪くないにせよ、あまりに素直に真ん中近辺へ魅入られてしまいました。
ここまで被弾が多いので球質が軽いのかもしれずそれは捉えられたときの打球の伸びにも見て取れて、かと言ってコントロールに難があるわけではありませんがコーナーの出し入れで勝負できるほどでもありませんから、多めに投げていたスライダーの精度を上げるかツーシーム系を磨くか、思案のしどころです。
二番手の岩下は3回をまあ無難に、佐々木朗と美馬が3回で二木が4回、そして本前が5回は特別扱いの佐々木朗を置いておけば調整とチャレンジャーを分けて起用しているようにも思えて、明日以降に投げるのであろう小島、鈴木、河村がどれぐらいのイニングになるかに興味があります。
余談ですが打たれまくった坂倉は左打者ですし捕手としてもうひとつピンとこないものの千葉出身で4巡目ですから残念ではあり、しかし表現はあれですが広島顔なのでこのままチームを支えていく存在になりそう、ちなみにその年の4巡目の土肥は今日に二軍で6回1/3を5安打6四死球5失点とピリッとしませんでした。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 0 0 0 0 6 0 0 1 3 10 12 2
広島 2 0 0 0 3 0 0 0 0 5 12 0

◆7月30日(金) 広島−千葉ロッテ1回戦(ロッテ1勝、18時、マツダ、それなり)
▽勝 本前 1試合1勝
▽敗 矢崎 1試合1敗
▽本塁打 山口1号(矢崎)

▽バッテリー
千葉ロッテ 本前、岩下、成田—加藤、植田
広島 矢崎、高橋昂—石原、坂倉

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村