石川は残留

石川が残留を表明しました。
選択肢に無かった、とはそのとおりなのでしょう、手術明けでポスティングができる状況にはありませんし国内移籍への意欲は元々さほど高くはなかったこれまでの言動ですから、よほどに球団が下手を打たない限りは必然でもあり、そして下手を打たなかったのでしょう。
これで来季に大活躍となっても34歳のオフですからなかなかに厳しく、メジャーへの思いは自分的にはまだ懐疑的ですがどうあれ本人には気の毒ながらも夢は夢のままで終わりそう、少しハードルが下がる海外FA権の取得は再来年だと思いますでさらに現実的ではなくなります。
これで生涯ロッテがほぼ確定ではないかと、まだ終わったわけではありませんが最後までエースになりきれなかった石川がそれでも主戦として投げ続けてきたことは確かですのであともう咲きを、若い投手が増えてきましたので脇で支える存在としてまずは来季に黒木超えを目指してくれればと思います。

大嶺は中日へ

その石川と同い年の大嶺は、どうやら中日入りとなりそうです。
先日にトーチューを含む複数紙が興味とニュースになって、おそらくはロッテからも何らかのオファーがあって中日は育成枠契約とのことですから天秤がどちらに傾くのかと思っていましたが、昨日に現役続行が報じられてそれでいてトライアウトには不参加となれば水面下で中日と合意したのでしょう。
打撃陣、特に外野手が手薄だった中日に加藤は推しでしたが投手陣はリーグ1位を誇る中日で支配下選手登録を勝ち取れるのかに不安はありますが、あるいは又吉が流出しての穴を埋める候補としての一人と落合コーチが考えてくれているのだと思いたくはあります。
その又吉を除けば次々に残留が決まってもし又吉までもが中日に残ればメジャーへの鈴木誠だけで国内移籍がゼロは制度制定から初めてではないかと、全体的に減少傾向にはありましたがこれで選手会がハードルを下げろとまた騒ぎ出しそうな、しかし富める選手をさらに富ますFAを活況にさせるよりもルール5ドラフトを厳密な意味で導入して欲しい、そうなれば井口監督の起用に多少なりとも変化が出てくるはずです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村