福は来ず

和田に代えての福田秀は地蔵から出ずっぱりへの疲労を考慮したのか、しかし福田秀はマルチながらもチームに福は来ませんでした。
今日も守備でご乱心の柳田に3試合連発を食らうなど一発攻勢に屈し、追いつかない程度の反撃もカード最終戦となれば次に繋がる効果もさして期待はできず、元ロッテ勢により天敵と化した楽天、一方で監督が代わりロッテ臭が消えてアゲアゲなオリックスと対するビジター6連戦に向けて勢いを付けたかったところでの急ブレーキをしかし足元を見直すチャンスとしたく、井口税は相変わらずですが三木を引っ張り上げて大嶺の支配下選手登録と材料はいくらでもあります。
ちなみにホームランのときにカメラ目線でポーズをとる高谷にむかついているのは自分だけなのか、まだ岩本の解説の方が可愛げがあります。

投手陣再編となるか

中村稔が壁にぶつかったようです。
ストレートで押すその姿勢はいいのですがコントロールが甘く、これが二木のように低めに落ちるボールがあれば高めにいってもいいのですが亜細亜ボールも浮きがちで全体的に高めとなれば打ち取ったつもりの打球が外野まで運ばれるのも仕方なし、被弾も同じくです。
その表情からすれば抑えが利かなくなっていたようで、この酷暑にここまで続けて投げるのは未知の領域ですからこのまま当たって砕けろとするのか、一歩引いて壁の高さを見直すのか、二木、岩下、小島とともに試練をどう乗り越えていくかのターニングポイントがやってきました。
幸いなことにここまで若手にカバーをしてもらっていた石川、美馬が上向いてきましたし有吉や救世主との期待は酷にしても大嶺と代わりの候補はいますので無理に猪突猛進をさせる必要もなく、それぞれのタイプ、性格により適切な対応を考えての吉井コーチの手腕に期待をしたいです。
それは中継ぎ陣も然り、期待をしたフローレスは案に相違して先発のときのように低めに丁寧にボールを集めることができていませんのでこのままでは厳しいでしょう、しかし内や大谷らベテランの経験に頼るのは無理っぽいので石崎や山本らの二度目の挑戦を上手く差配してもらいたいです。

上手くかわされた

打線は8安打を放つもテンポよく投げ込んで考える暇を与えずにここぞでカーブで緩急を付ける石川の術中にはまり、福田秀、中村奨がチャンスを作り勝負を嫌がられたのかマーティンが歩かせられたところでの安田、井上、角中が手玉に取られて機能をしませんでした。
それほどにいいとも思えなかったのですが開幕6連勝に防御率1点台の石川ですから、そう思ってしまうのがそもそもの蟻地獄なのでしょう。
打線もやはり手入れが必要で税の適用の仕方からしてどこまでそれを考えているのかが疑問ではありますが、二軍でさしたる数字を残せていない三木を藤岡に代えてのスタメン起用のためなのであれば打線としての、そして藤岡にとっての刺激にはなり、ただ地蔵の置き換えではないことを願いたいです。
さっそくに仙台ではカード初戦に弓削、三戦目に松井と左腕がくると思われ、そこで和田とともに三木を、あるいは茶谷をどう使うかに注目をします。
追い上げを持ち込めないのは残念ですが逆に言えば連敗の流れを断ち切るのにいいタイミングにはなりますので、公示とともに有意義な移動日としましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
ソフトバンク 0 0 2 2 0 0 2 0 0 6 13 2
千葉ロッテ 0 0 0 1 0 0 1 0 2 4 8 0

◆8月23日(日) 千葉ロッテ−ソフトバンク9回戦(ロッテ5勝3敗1分、17時、ZOZOマリン、4,992人)
▽勝 石川 8試合6勝
▽敗 中村稔 8試合1勝1敗
▽本塁打 柳田18号(中村稔)、松田宣5号(中村稔)、栗原9号(フローレス)

▽バッテリー
千葉ロッテ 中村稔、フローレス、永野、小野—田村
ソフトバンク 石川、松本、モイネロ、森—甲斐、高谷

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村