あ~あ、と、えっ、で勝ち

六回の小島と七回の東妻の失点にはロッテファンは「あ~あ」と半ば諦めの境地だったのではないかと、一方で八回に平良が連続四球での押し出しに西武ファンは「えっ」と驚きだったでしょう、いろいろありましたが敗戦濃厚の終盤に追い付いただけにこの感覚を大事に勝ちに等しいと思うことにします。
これでギリギリ借金を免れて地元に戻ってきますが明日になってまたどう転ぶかは分からないものの最大で90%だった雨予報が三日間とも傘マークが消えたので中止にはならなさそう、久しぶりの現地観戦を楽しみにしているので行ってよかったと思えるような天候と戦いでお願いします。

小島は産みの苦しみ

小島は五回まではエース級で六回に乱れるといういつものパターンですのでため息しか出ませんが、二死まで簡単に取って森も追い込みながら歩かせてしまった次の山川の初球を同点被弾ですから、見ているこちらも悔しいですが本人が一番に悔しがっているでしょう。
前日の懲罰交代で干されるかと思いきや今日もスタメンマスクの柿沼はこれまでとは違って内へ多く要求して、小島もそれに応え切れたとは言い難くも初回の無死一二塁のピンチを切り抜けるとコントロールに苦しむことなく思いどおりのピッチングができたのではないかと、ナイスピッチングでした。
走者を背負うと安全志向が強くなるのはある程度は仕方のないところではあり、今日のリードが柿沼ではなくベンチの変化だと思いたいです。
そしてハーマンが登録をされたので七回にくるかと思いきや東妻とは吉井コーチも思いきったと言いますか、ハードランディングがお好きなようです。
やはり二死まではとんとん拍子も結果的にやっぱりなと勝ち越し点を奪われましたが、川越には上手く打たれたとしか言い様がありませんし、ストレートでめちゃ押しするのではなく変化球が上手く使えていて、逃げの素振りも見られなかったので悪くはありませんでした。
佐々木千、益田は万全で唐川が戻ってこの三人で回すとなればハーマンを含めた競争は面白くなってきそう、このカードの東妻であれば充分に争えそうです。

惜しくはあったが

打線は荻野のライナーが抜けていれば、中村奨の打球が落ちていれば、のタラレバが惜しくはありましたし、和田が粘って四球を選んで盗塁、中村奨の渋い決勝タイムリーとなればチームも勢いに乗ったのでしょうが、そこまで世の中は甘くありませんでした。
それでも勝手に制球を乱しての自滅気味ではありましたが平良から同点をもぎ取ったのは次回以降の対戦でのアドバンテージにはなるでしょう、34試合連続無失点はパシフィックのタイ記録ですが嬉しいどころか苦い思い出になりそうなので、なおさらにです。
決めて欲しかったですがやはり粘った安田の四球が値千金であそこでキレたのか藤岡はもう立っているだけ、そうなればカウント有利から内の難しいボールを振りにいった菅野が微妙でしたが決める気持ちでいったのであれば結果はどうあれ気にすることはありません。
今日も仕掛けが遅かったのは打撃好調と言われながらも中日戦がそうだったように一線級には沈黙する当たり前の結果ではあり、そうなればいかにリリーフ陣を攻略するかが生命線ですので前日に抑えられた十亀、超難関の平良を攻略したことに胸を張りましょう。
安田の打球への反応もよし、ここのところ最後に三木が守備固めに出てきますがたまには藤岡に対してのものでよいのではないかと、安田にそこまでの不安はありませんしむしろ藤岡に今日もここまでしっかりだった声がけが機能せずに危ういプレーもありましたから、心身ともに藤岡を代えたくもあります。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 0 0 0 0 0 2 0 1 0 3 6 0
西武 0 0 0 0 0 2 1 0 0 3 7 0

◆6月20日(日) 西武−千葉ロッテ12回戦(西武6勝3敗3分、13時、メットライフドーム、7,726人)

▽本塁打 山川11号(小島)

▽バッテリー
千葉ロッテ 小島、東妻、佐々木千、益田—柿沼、加藤
西武 ニール、武隈、渡邉、十亀、平良、森脇—森

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村